Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第17話 天竺国王依鼠護勝合戦語 第十七

今昔、天竺に一の小国有り。啒遮那国と云ふ。国は小国なれども、大きに富て、諸の財多かり。天竺は本より大きに広けれども、食物乏しくて、木の根・草の根を以て食とし、麦・大豆等を以て美食として、米乏しき所也。而るに、此の国は食物多く、服物1)豊か也。

其れに、此の国の国王は、本、毗沙門天の御額割けて、其の中より端正美麗なる男子出けるを、人取て乳母を以て養けれども、更に乳を飲まず、亦、他の物を食(くは)すとも、敢て食ふ物無し。然れば、此の児、更に生長すべき様無し。乳を飲まず、物を食はざれば、何を以て命を継むと歎き合て、本の毗沙門天に此を事を祈り申す。

其の時に、此の天王の御乳の側、俄に穹隆(うづたか)く成て、其の体、人の乳の様にて、大きに高し。此の御乳の俄にかく成たるを見て、人、怪むで、「何なる事ぞや」など云ふ程に、此の児、漸く寄て、手を以て此の御乳の高き所を掻き開たれば、其れより、人の乳の様なる物、只涌きに涌き泛(こぼ)る。其の時に、児、寄て、其れを飲む。此れを飲てより後、只、大きに大ゐに成て、端正美麗なる事、弥よ増(まさ)れり。

其の後、勢長して、かく国王と成て、国を治む。此の国王、兵の道賢く、心武くして、傍の国を罸(う)ち取て、国を弘げ、人を随へて、其の勢並び無し。

而る程に、隣国に悪く武き者共、心を合せて、百万人許の兵衆を集めて、俄に此の国の内に押入て、遥に広き野に弘(ひろご)り居たり。此の国の天皇、驚き騒て、軍を集むと云へども、軍の数遥に劣れり。然りとて、有るべき事ならねば、四十万人許の軍を引将て出向たるに、日暮て、今日は戦はず。其の夜は大なる墓(つか)を隔てて宿しぬ。彼方の軍勢、器量(いかめしく)して、合ふべき様無し。此の国の王は兵の方賢けれども、俄に圧(おそ)はれたれば、軍も調へ敢へず、彼は百万人、惣て合ふべきに非ず。

「何が為べき」と歎き思ふ程に、大きなる鼠の、金の色なるが三尺許なる、出来て、物喰て走り行く。国王、此の鼠を見て、怪び思て、「此れは何なる鼠ぞ」と問へば、鼠、答へて云く、「己は此の墓に住む鼠也。此の墓をば『鼠墓』と申す也。己は鼠の王也」と。

其の時に、国王、此の墓に行き向て云く、「鼠の体を見るに、只の鼠に非ず。獣と云へども、此れ神也。吉々く聞き給へ。我れは此の国の王也。鼠王も亦此の国に在す。然れば、此の度の合戦、力を加て2)勝たしめよ。若し、助け有て勝たしめたらば、我れ、年毎に欠かさずして、大きなる祭儲て、国挙て崇め奉るべし。若し、然らずば、此の墓を壊て、火を付けて、皆焼き殺してむ」と。

其の夜の夢に、金の鼠来て云く、「王、騒給ふべからず。我れ、護りを加へて、必ず勝たしめ奉らむ。只、夜曙(あけ)むや遅きと合戦を始めて、圧はせ給へ」と云ふと見て、夢覚ぬ。

王、心の内に喜ばしく思て、終夜(よもすがら)象に鞍置き、車の廻り拈(したた)め、弓の弦・胡録の緒など皆拈て、夜曙るを待つに、曙ると等しく、皆打寄て、大鼓を打ち、幡を振り、楯を築(つき)て、大象に乗り、車に乗り、馬に乗りて、甲冑を着たる軍四十万人、心を励まして圧て、寄る。

敵の方には、「定めて、かく来らむずらめ」と思ふ程に、俄に圧はれて、寝起て、「象に3)鞍置かせむ」とて見れば、万の物の具、腹帯・手綱・鞦等、皆鼠に喰切られて、全き物一つも無し。亦、弓の弦・胡録の緒・弦巻等、皆喰損じたり。甲冑・太刀・釼の緒に至るまで、皆喰切られて、軍、皆裸にて着る物無し。象も繋ぐ鋂(くさり)無ければ、放(はな)れ逃げて、一も無し。車も皆喰ひ損はれにけり。楯を見れば、籠の目の如く、人の通りぬべく喰開たれば、箭留るべくも無し。

然れば、百万人の軍、術無くて、迷ひ合ひたる事限無し。倒れ迷て、皆逃げ失ぬれば4)、敢て向て合ふ者無し。適(たまたま)見ゆる者をば、其の頸を皆切り捨つ。国王、合戦に勝れば、城に還ぬ。

其の後、年毎に此の墓に祭を立てて、国挙て崇めけり。然れば、国も平に、弥よ楽び多かり。其の後は、此の国の人、皆心に願ひ思ふ事有ぬれば、此の所にして祈請ふに、助からずと云ふ事無かりけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「服物ハ財物ノ誤カ」
2)
底本頭注「加一本合ニ作ル」
3)
底本頭注「象一本馬ニ作ル」
4)
底本頭注「失一本去ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku5-17.txt · 最終更新: 2016/09/18 21:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa