Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第16話 天竺国王好美菓又与美菓語 第十六

今昔、天竺に国王御けり。常に美菓を好て興じ給けり。其の時に、一人の人有り。宮を守る者也。其の人、池の辺にして、一の菓子(このみ)を見付て、此れを取て、「国王の興じ給ふ物也」と知て、国王に奉れり。

国王、此れを食し給ふに、世の菓子の味にも似ず、甘美なる事限無し。然れば、此の宮守を召して、仰せて云く、「汝が奉れる所の菓子、甘美なる事類無し。此の菓子、何れの所に有るぞ。定めて其の所知りたらむ。然れば、今より此の菓子、常に進(まゐらす)べし。若し、進さずば、汝をして罪に宛つべし」と。宮守、見付たりし様を陳ぶと云へども、国王、更に用ゐ給はず。宮守、歎き悲て、見付たりし池の辺に行て、泣き居たり。

其の時に、一人の人出来て、問て云く、「汝が泣き居たる、何事ぞ」と。宮守、答て云く、「昨日、此の池の辺にして、一の菓子を見付たりき。取て国王に奉る。国王、此れを食し給て、『速に此の菓子を亦奉るべし。若し奉らずば、罪に宛つべし』と仰す。然れども、亦見付くべき方無ければ、歎き悲て泣く也」と。此の人の云く、「我れは竜王也。昨日の菓子は我が物也。大王、用ひ給はば、此の菓子を一駄奉らむ。我れに仏法を聞かしめよ」と云て、即ち此の菓子一駄を奉れり。亦云く、「若し、我に仏法を聞かしめずば、今日より七日が内に、此の国を海と成さむ」と。

宮守、国王に此の菓子を奉て、此の由を申す。然れば、国王より始め、大臣、驚き騒て云く、「此の国の内に、昔より今に至るまで、仏法と云ふらむ事を見ず、聞かず。若し、我が国より始め他国にも、仏法と云ふらむ者や有る。我れに得しめよ」と、広く尋ぬるに、「仏法有り」と云ふ人無し。

而るに、国の内に一人の翁有り。年百二十余也。此れを召して、仰せて云く、「汝ぢ、既に年老たり。若し、古、仏法と云ふ者や聞し」と。翁の申さく、「未だ曾て仏法と云らむ者を見ず、聞かず。但し、翁が祖父、伝へて云く、『我が幼稚の時に、世に仏法と云ふ者有きと聞(きき)き』となむ申しし。亦、翁が家にこそ、奇異の事は侍れ。光を放つ柱、一本立たり。『此れは何ぞ』と問へば、『此れは、昔し、仏法の有りし時に立たりし柱也』と云ひ伝へて侍り」と申す。

其の時に、大王、喜て、忽に其の柱を取り寄せて、破て見給ふに、中に二行の文有り。「八斎戒の文也」と云へり。「此れを仏法と云ならむ」と信じ仰ぎければ、弥よ十方に光を放ち、衆生を利益し給ひけり。

竜王も喜て、其の時よりなむ、其の国に仏法始まりて、後には繁昌也ける。国も平らかに、民も穏かに、世豊か也けるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-16.txt · 最終更新: 2016/09/18 00:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa