Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第15話 天竺王宮焼不歎比丘語 第十五

今昔、天竺の国王の宮に火出来ぬ。片端より焼持行くに、大王より始て、后・皇子・大臣・百官、皆騒ぎ迷て、諸の財宝を運び出す。

其の時に、一人の比丘有り。国王の護持僧として、此れを帰依し給ふ事限無し。而るに、其の比丘、此の火を見て、頭を振り首を撫でて喜て、財宝を運び出すを止む。

其の時に、大王、此の事を怪で、比丘に問て宣はく、「汝ぢ、何の故有てか、宮内に火の出来るを見て、歎かずして、我が無量の財焼失(やけうす)るを見て、頭を振り首を撫でて喜ぶぞ。若し、此の火は汝が出せる所か。汝ぢ、既に重き咎有り」と。比丘、答て云く、「此の火、我が出す所には有らず。然れども、大王、財を貪るが故に、三悪趣に堕ち給ふべきを、今日、皆悉く焼失ひ給ひつれば、三悪趣に堕ち給ふべき報を遁れ給ぬる事の極て喜ばしき也。人の悪道を離れず、六趣に輪廻する事は、只一塵の貯を貪りて愛する故也」と申す。

大王、此れを聞て、「比丘の云ふ所、尤も然るべし。我れ、此れより後、財を貪ぶる事有らじ」と宣ひけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-15.txt · 最終更新: 2016/09/17 15:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa