Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第14話 師子哀猿子割肉与鷲語 第十四

今昔、天竺に、深き山の峒(ほ)らに、一の師子住けり。師子、心の内に思ふ様、「我れは此れ諸の獣の王也。然れば、諸の獣を護り哀ばむ」と思へり。

而るに、其の山の中に、二の猿有り。妻夫也。二の子を生じて養育す。其の子、漸く勢長するに、幼かりし時には、一をば腹に懐き、一をば背に負て、山野に行て菓(このみ)・蓏(くさのみ)を拾ひて養しなひしに、勢長して後は、此の二の子を懐き負ふに能はず。亦、山野に行て菓・蓏を拾はずば、子共を養はむ事も絶ゆべし。又、我等が命を助けむ事も有難し。又、此の子共を栖(すみか)に置て出でなば、空より飛ぶ鳥りも来て、食て去りなむとす。地より走る獣も来て、取て去なむとす。此の如く思ひ煩て、出でざる程に、疲れ極(こう)じて、餓死ぬべし。

為む方を思ひ廻すに、猿の思ひ得る様ふ、「此の山の峒に、一の師子住む。此の子共の事を、此の師子に云付て、我等は山野に出でて、菓・蓏を拾て、子共を養ひ、我等が命をも助けむ」と思ひ得て、師子の峒に行て、師子に云く、「師子は諸の獣の王に在ます。然れば、諸の獣のをば、尤も哀給ふべき也。其れに、我も獣の端也。哀給ふべき内也。而るに、我れ、二の子を生ぜり。幼なかりし時には、一をば背に負ひ、一をば腹に懐て、山野に罷行きて、菓・蓏を拾て、子共をも養ひ、我等が命をも助けき。其れに、子共、漸く勢長して後ちは、負ひ懐くにも堪へずして、山野に罷出で難し。然れば、既に子共も我身も命絶なむとす。亦、然りとて、子共を置て罷行かば、諸の獣の為に極て怖し。然れば、罷行かざる程に、羸(つか)れ極じて、我が命も絶ゆべきを、菓・蓏を拾はむが為めに、山野に罷出たらむ間、此の子共を師子に預け奉らむ。其の程、平安に護て置給べし」と。

師子、答て云く、「汝が云ふ所も然るべし。速に子共を将来て、我が前へに置くべし。汝等が還らむ間に、我れ護るべし」と受けつ。猿、喜て、子共を師子の前に置て、心安く山野に走り出でて、菓・蓏を拾ひ行く。

師子は、前に猿の二の子を置て、あから目もせず護り居たる程に、師子、聊に居眠たる程に、一の鷲来て、峒の前なる木に隠れ居て、「少し隙も有らば、此の猿の子共を取て去なむ」と思ひ居たる程に、師子の居眠たるを見て、飛び来て、左右の足を以て、猿の二の子を爴(つか)み取て、本の木に居て、喰てむと為る程に、師子、驚て見るに、猿の子共、二乍ら見えず。驚き騒て、峒を出でて見るに、向なる木に一の鷲居て、此の猿の子二つを、左右の足を以て一づつ爴み取て抑へて、既に喰てむとす。

師子、此れを見て、騒ぎ迷て、彼の木の本に行て、鷲に向て云く、「汝は鳥の王也。我は獣の王也。互に心有るべし。此の峒の傍なる猿来て云ふ様は、『菓・蓏を拾て子共を養ひ、我が命をも助けむと為るに、二の子共の不審(おぼつかな)きに依て思ひ煩ふを、山野に罷出たらむ程、此の二の子共護れ』とてなむ預けて罷出ぬるを、居眠して待つる程に、此等を取て御にける。其れ、我れに免し給へ。既に事請をして、此等を失なひてむずる事の、我が肝心を割く様に思ゆる也。亦、我が申さむ事、聞て給ざるべきに非ず。我が忿を成て、吠え喤(ののし)らむには、汝達も平らかに御しなむやは」と。

鷲、答て云く、「宣ふ所、尤も裁也。然れども、此の猿の子二は、我が今日の食に罷当たる也。此れを返し申しては、亦、我が今日の命、絶ゆべし。師子の御事の、怖しく忝なく思ふも、命を思ふ故也。然れば、返申すべからず。此れ命を助けむが為也」と。師子、亦云く、「宣ふ事と、亦裁り也。然らば、此の猿の子の代りに、我が宍(しし)村を与へむ。其れを食して、今日の命を助け給へ」と云て、我が釼の様なる爪を以て、我が股の宍村を爴み取て、猿の子二が大きさに丸がして、鷲に与へつ。

其の後、猿の子を乞ふに、鷲、「然らば、何でか返し申ざらむ」と云て、返しつ。師子、猿の子二を得て、血宍に成て、本の峒に還ぬ。

其の時に、此の猿の母、菓・蓏を拾ひ集めて還来たり。師子、有つる事を猿に語れば、猿、涙を流す事、雨の如し。師子の云く、「汝が云ふ事の重きには非ず。約を受て違へむ事の、極て怖ろしければ也。亦、我れは、諸の獣を哀ぶ心ろ深し」とぞ云ける。

其の師子と云ふは、今の釈迦仏け、此れ也。其の雄猿と云は、今の迦葉尊者也。雌猿と云は、今の善護比丘尼也。二の猿の子と云は、今の阿難・羅睺羅也。鷲と云は、今の提婆達多1)、此れ也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「提婆達多ノ四字一本ニヨリテ補フ」
text/k_konjaku/k_konjaku5-14.txt · 最終更新: 2016/09/17 13:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa