Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第12話 五百皇子国王御行皆忽出家語 第十二

今昔、天竺に国王御けり。五百の皇子を持ち給ひけり。

国王、御行有ける時、此の五百の皇子を前に立てて御する間、一人の比丘有て、此の五百の皇子の行く前より、琴を引て渡る。其の時に、五百の皇子、一度に出でて、此の比丘に会ふ。

然る間、五百の皇子、忽に出家して、戒を受く。国王、此の事を見て、驚き騒ぎ給ふ。其の時に、一人の大臣有て、国王に申して云く、「皇子の御前より、一人の比丘、琴を引て渡る。此の琴の音を聞て、五百の皇子、忽に出家し給ふ。其の琴の音に云く、『有漏諸法如幻化。三界受楽如空雲』と云へり。此の琴の音を聞て、五百の皇子、忽に生死の無常を観じ、世間の受楽を厭て、出家し給ふ也」と申しけり。

其の琴を引て渡りし比丘は、今の釈迦仏、此れ也。其の五百の皇子と云は、今の五百羅漢此れ也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-12.txt · 最終更新: 2016/09/13 12:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa