Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第11話 五百人商人通山餓水語 第十一

今昔、天竺に五百人の商人有て、商ひの為に他国へ行く間、一の山を通けり。五百の商人、一人の沙弥を具たり。

而る間、山の道を踏違て、深き山に入れり。其の山、人跡絶へ水無し。然れば、此の商人等、三日水飲まずして、咽乾て、既に死ぬべし。

其の時に、商人等、此の沙弥に向て云く、「仏は一切衆生の願を満給ふ。有難き三悪道の苦にそら代り給ふ。而るに、汝、既に首を剃り、衣を染て、仏の御弟子と有り。我等、五百人、忽に水に渇(かわい)て死ぬべし。汝、我等を助よ」と云ふ。沙弥、「実の心を発して、『助よ』と思ふか」と問ふ。商人等、「今日の命の生死、只汝を憑む所也」と答ふ。

其の時に、沙弥、高き峯に昇て、巌の下に居て、云く、「我れ、首を剃れりと云へども、未だ行無し。人を助くるに力無し。然りと雖も、商人等は、『汝ぢ、仏弟子に似たり。我等が命を助けよ』と云て、水を乞ふに、弟子、力及ばず。願くは十方三世の諸仏如来、我が首の脳、返て水と成して、商人等が命を助け給へ」と誓て、巌の崎に頭を打つ。

其の時に、血流れ下だる。其の血、変じて水と成れり。五百の商人及び若干の牛馬、此の水を飲て、飽満して、命を助けてけり。

其の沙弥と云は、今の釈迦仏、此れ也。五百の商人と云は、今の五百の御弟子等也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-11.txt · 最終更新: 2016/09/13 12:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa