Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第10話 国王為求法以針被螫身語 第十

今昔、天竺に国王御けり。法を求めむが為に、王位を捨てて、山林に交(まじり)て、修行し給ひけり。

其の時に、一人の仙人出来て、国王に告て云く、「我れ、法文を持(たも)てり。汝に教へむと思ふ。何に」と。国王、答て宣はく、「我れ、法を求めむが為に、山林に修行せり。速に教ふべし」と。仙人の云く、「我が云はむ事に随はば、教ふべし。随はずば、教ふべからず」と。王、答て宣はく、「我れ、若し法を聞く事有らば、身命を惜しむべからず。何況や、余の事をや」と。

仙人の云く、「若し然らば、九十日の間、一日に五度、針を以て其の身を突かるれば、我れ、貴き法文を教へむ」と。国王の宣はく、「譬ひ、一日に千度突くと云ふとも、法の為に身を惜む事有らじ」と宣て、仙人に身を任せて、立給へり。其の時に、仙人、針を以て身を五十度1)突くに、痛む事無し。

此の如く、一日に五度突く。三日と云ふに、仙人、問て云く、「汝、若し痛みや有る。痛くば去ね。九十日の間、此の如く突かむに、何ぞ」と。国王の宣はく、「地獄に落て、堂燃燼火に身を焼かれ、刀山火樹に身を交へむ時の痛さは、去ねとやは云はむずる。彼の時に准(なぞら)ふるに、此の苦は、百千万億の其の一にも及ばず。然れば、痛むべからず」と宣て、九十日の間、能く忍て、痛む事無し。

其の後、仙人、八字の文、教たり。所謂ゆる、「諸悪莫作。諸善奉行」と云へり。

其の時の国王と申すは、釈迦仏、此れ也。其の時の仙人と云ふは、今の提婆達多、此れ也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「五十度ハ五度ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku5-10.txt · 最終更新: 2016/09/13 01:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa