Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第8話 優婆崛多降天魔語 第八

今昔、天竺に優婆崛多と申す証果の羅漢在ます。人を利益し給ふ事、仏1)の如し。亦、法を説て、諸の人を教化し給ふ。世の人、来て法を聞くに、皆利益を蒙て、罪を滅す。然れば、世挙て指合(さしあ)へる事限無し。

而る間、其の庭に一人の女出来たり。形貌端正にして、有様美麗なる事並無し。其の時に、此の法を聞くの人、皆此の女の美麗なるを見て、忽に愛欲の心を発して、法を聞く妨と成ぬ。

優婆崛多、此の女を見、「此れは天魔の、『法を聞て益を得る人を妨げむ』とて、美(うつくし)の女と変化して来れる成」と見給て、女を呼び寄せへば、女、詣たるに、優婆崛多、花鬘を以て、女の頸に打懸け給ひつ。女、「花鬘ぞ」と思て、立去りてと見るに、諸の不浄の人・馬・牛等の骨を貫て、頸に懸たり。臭(くさ)く、むづかしき事限無し。

其の時に、女、本の天魔の形に成て、取り棄てむと為るに、更に棄る事を得ず。東西南北に走り廻ると云へども、力及ばず。法を聞く人、此れを見て、「奇異也」と思ふ。

天魔、繚(まど)ひて、大自在天と云ふは、魔の首也。其の所に昇て、此の事を愁て、「此れ取去(とりのけ)よ」と乞ふ。大自在天、此れを見て云く、「此れは、仏弟子の所為にこそ有めれ。我れ、更に取去け難し。只、此の懸けむ者に、「取去よ」と乞ひ請(うけ)よ」と云へば、云ふに随て、亦優婆崛多の許に来り下て、手を摺て云く、「我れ、愚にして、『法を聞く人を妨げむ』と思て、女と成て来たる事を悔ひ悲むで、此より後、更に此の心を発さず。願くは、聖人、此れを取去け給へ」と云へば、優婆崛多、「汝ぢ、此れより後、法を妨ぐる心無かれ。速に取去くべし」と宣て、取去けつ。

天魔、喜て、「何でか、此の事をば報じ申さむと為(す)」と云へば、優婆崛多の宣はく、「汝は仏の御有様は見奉きや」と。天魔、「見奉りき」と云ふ。優婆崛多の宣はく、「我れ、仏の有様ま、極て恋し。然れば、仏の有様を学び奉て、我れに見せてむや」と。天魔の云はく、「学び奉らむ事は安き事なれども、見て礼(をか)み給はば、己が為に極て堪難かりなむ」と。優婆崛多の云く、「我れ、更に礼み奉るべからず。猶、学び奉て見せよ」と責め給へば、天魔、「努々め礼給ふな」と云て、林の中に歩み隠れぬ。

暫く有て、林の中より歩み出たるを見れば、長は丈六、頂は紺青の色也。身の色は金の色也。光は日の始めて出るが如し。優婆崛多、此れを見奉るに、兼ては「礼まじ」と思ひつれども、不覚に涙落て、臥して音を挙て哭く。

其の時に、天魔、本の形ちに顕はれぬ。頸に諸の骨共を懸て、瓔珞と為たり。「然ればこそ」と云て侘(わび)けり。

然れば、優婆崛多、天魔を降伏し、衆生を利益し給ふ事、仏に異らずとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku4-8.txt · 最終更新: 2016/07/28 19:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa