Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第5話 阿育王造地獄堕罪人語 第五

今昔、天竺に阿育王と申す王有り。其の王、地獄を造て、国の内の罪人を入る。其の地獄の辺に至ぬる人は還る事無して、必ず地獄に入れつ。

其の間に、止事無き聖人有り。名を□□1)と云ふ。其の地獄を見むが為に、地獄に至れり。獄卒有て、聖人を捕へて、地獄に入とする時に、聖人の云く、「我れ、更に犯せる所無し。何の故有てか、此の地獄に入るべき」と。獄卒、答て云く、「国王の宣旨を下さるる様、『此の地獄に至なむ人をば、貴賤・上下・僧俗を簡(えらば)ず、此の地獄に入るべし』と宣旨をば蒙たれば、入るる也」と云て、聖人を取て、地獄の釜の中に投入れつ。

斯の時に、地獄返て、清浄の蓮の池と成ぬ。獄卒、此れを見て、驚て、此の由を大王に申す。王、此れを聞給て、驚き貴むで、自ら地獄の本に行て、其の聖人を拝み給ふ。

其の時に、獄卒、大王に申さく、前に宣旨を下されたる時き、「地獄の辺に行なむ人をば、上下を謂はず2)、地獄に入らせ給ふべし」と申す時に、王、答て宣はく、「我れ、宣旨を下す時に、『王をば除け』と云ふ宣旨をば下さざりき。尤も云ふ所然るべし。但し、亦『獄卒をば除け』と云ふ宣旨をも下さざりき。然れば、汝を先づ地獄に入るべし」と宣て、獄卒を地獄に投入れて、還り給ひぬ。

其の後、「無益の事也」とて、地獄を壊ち給てけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「名ヲノ下下海意トアルベシ」
2)
底本頭注「不謂ズノ下脱文アラン」
text/k_konjaku/k_konjaku4-5.txt · 最終更新: 2016/07/26 22:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa