Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第41話 恋子至閻魔王宮人語 第四十一

今昔、天竺に一人の比丘有けり。「羅漢に成らむ」と思て行ひけるに、年六十に至て、羅漢に成る事を終に得ず。此の事を歎き悲むと云へども、更に力及ばず。

然れば、其の人、家に返て思はく、「我れ、『羅漢に成む』と思て、年来行ふと云へども、成る事を得ず。今は、還俗して家に有らむ」と思て、還俗しぬ。其の後、妻を儲たり。其の妻、即ち懐妊して、端正なる男子を生ぜり。父、此れを愛する事限無りし。

其の子、七歳に成るに、思はざるに死しぬ。父、此れを悲むで、外に捨つる事無し。傍の人、此れを聞て、来て云く、「汝ぢ、極めて愚也。死たる子を悲むで、今に棄てざる事、甚だ愚也。終に存すべからず。早く棄つべし」と云て、奪取て棄つ。

其の後に、父、悲の心に堪へずして、此の子を亦見む事を願て云く、「我れ、閻魔王の所に詣でて、此の子を見む事を申し請む」と思ふに、閻魔王の在ます所を知らずして、尋ぬるに、人有て云く、「此れより其の方に幾許行て、閻魔王の宮有り。大河有り。其の河上に、七宝の宮殿有り。其の中に閻魔王在ます也」と。

父、此れを聞て、其の教の如くに尋て行く程に、遥に遠く行々て、見れば、実に大河有り。其の河の中に、七宝の宮殿有り。父、此れを見て、喜び乍ら、恐々(おづお)づ近付き寄たるに、気高く止事無き人有て、問て云く、「汝は此れ誰人ぞ」と。答て云く、「我れは、然々の人也。我が子、七歳にして亡ぜり。此れを恋ひ悲む心堪へ難くして、其れを見む事を王に申し請むが為に参れり。願くは、王、慈悲を以ての故に、我に子を見せ給へ」と。

此の人、王に此の事を申すに、王の宣はく、「速に見しむべし。其の子、後園に有り。行て見るべし」と。父、喜びの心深くして、教へに随て、其の所に行て見るに、我が子有り。同様なる童子共の中に遊戯れて有り。

父、此れを見て、子を呼び取て、泣々く云く、「我れ、日来汝を悲む心深くして、王に申し請て、見る事を得たり。汝は道心には思はざるか」と、涙に溺れて云ふに、子、敢て歎く気色無くして、父とも思ひたらず遊び行く。父、此れを恨みて、泣く事限無し。然而(しかれど)も、子、何とも思ひたらずして、云ふ事無し。父、歎き悲むと云へども、甲斐なくして返にけり。

此れは、生を隔てつれば、本の心は無にや有るらむ。父は未だ生を替へずして、かく恋ひ悲びけるにや有りけむとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-41.txt · 最終更新: 2016/08/30 13:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa