Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第38話 天竺貧人得富貴語 第卅八

今昔、天竺に一人の人有り。種姓は高けれども、身貧しくて、世を過すに力無し。然れば、常に人の家に行て、物を乞ひつつ命を継げり。人、皆門を閉て寄せねば、歎き悲む事限無し。

思ひ侘て、薬師の霊験の寺に詣でて、実の心を至して、仏を廻り奉て、前世の悪業を懺悔して、五日食を断じて、仏の御前に合掌して有るに、夢の如くに、妙に厳(いかめ)し人、出来れり。小さき比丘に似たり。此の人に告て宣はく、「汝ぢ、心を至して前世の悪業を懺悔するに依て、忽に宿業滅して、必ず富饒を得べし。汝ぢ、速に父母の旧宅に返行くべし」と。

夢め覚めて後、其の教の如く、父母の旧宅に行ぬ。城廓頽(くづ)れ破れて、只朽たる柱梁の木許有り。其の所に暫くも有るべき様無けれども、偏に告を信じて、両日を経る間だ、杖を以て地を掘るに、自然ら、地より財宝掘出されたり。

此れを以て、其の所に居ぬるに、財豊也けり。一年の内に富貴の人と成ぬ。此の人の父母、家豊にして、財多かりけり。而るに、其の子、前世の悪業に依て、祖(おや)の財を得ずして、貧き人と成れり。其れに、仏の助に依て、父母の貯へ納めたりける財を得たる也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-38.txt · 最終更新: 2016/08/24 15:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa