Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第34話 天竺人兄弟持金通山語 第卅四

今昔、天竺に兄弟二人の人有り。具して道を生く間、各千両の金を持たり。

山々を通て行く間、兄の思はく、「我れ、弟を殺して、千両の金を奪取て、我が千両の金に加へて、二千両の金を持たむ」と思ふ。

弟の亦思はく、「我れ、兄を殺して、千両の金を奪取て、我が千両の金に加へて、二千両を持ばや」と思ふ。

互に此の如く思ふと云へども、未だ思ひ定むる事無が間に、山を通り出でて、河の側に至ぬ。兄、此の持たる千両の金を河に投入れつ。

弟、此れを見て、兄に問て云く、「何ぞ、金を河の投入れ給ぞ」と。兄、答て云く、「我れ、山通つる間に、『汝を殺して、持たる所の金をや取てむ』と思ひつ。只一人有る弟也。此の金ね無からましかば、『汝を殺む』と思むやは。然れば、投入つる也」と。

弟の云く、「我も亦、此の如き、『兄を殺さむ』と思ひつ。此れ、皆金ねに依て也」と云て、弟も持たる金を、同く河に投入れつ。

然れば、人は味ひに依て命を奪はれ、財に依て身を害する也。財を持たずして、身貧しからむ人、専に歎かず。六道四生に廻る事も、亦、財を貪るに依て有る事也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-34.txt · 最終更新: 2016/08/21 18:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa