Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第32話 震旦国王前阿竭陀薬来語 第卅二

今昔、震旦の□□代に国王在ましけり。一人の皇子有り。形端正にして、心□□也。然れば、□□□□父の王、此の皇子を悲み愛し給ふ事限無し。

而るに、皇子、身に重き病を受て、月来経るに、国王、此れを歎きて、天の仰て祈請し、薬を以て療治すと云へども、煩ふ事弥増(まさり)て、𡀍1)(いゆ)る事無し。

其の時に、大臣として、止事無き医師有り。而るに、国王、此の大臣と極て中悪くして、敵の如し。然れば、此の皇子の病をも、此の大臣には問はれず。然りと云へども、此の大臣、医道に極たるに依て、国王、皇子の病問むが為に、年来の怨を思ひ弱り給て、忽に大臣を召す。

大臣、喜を成して参ぬ。国王、大臣に出会て、語て宣はく、「年来、互に怨を成して、親しまずと云ども、皇子、身に病を受て煩ふに、諸の医師を召して、療治せしむるに、𡀍2)る事無し。然れば、年来の怨を忘れて、汝を呼ぶ。速に、此の皇子の病を療治して𡀍3)しめよ」と。大臣、答て云く、「実に年来勅命を蒙らず。暗夜に向へるが如し。今、此の仰を奉(うけたま)はる。夜の暁(あけ)たるが如し。然れば、速に御子の御病を見るべし4)」と云ふに随て、大臣を呼び入れて、皇子の病を見しむ。

大臣、皇子を見て云く、「速に薬を以て療すべし」と云て、出ぬ。即ち薬を以て、大臣、参て云く、「此を服せしめ給はば、御病、即ち𡀍5)ゆべし」と。国王、此れを聞て、喜び乍ら、此の薬を取て見て宣はく、「此の薬の名をば、何とか云ふ」と。早う、大臣の構へける様、「此れは薬には非ずして、人、此れを服しつれば、忽に死ぬる毒を、『薬ぞ』と云て、此の次(ついで)に、年来の怨を酬て、皇子を殺さむ」と思て、毒を持来れるを、国王の、薬の名を問ひ給ふ時に、大臣、思ひ繚(まどひ)て、「何が云はまし」と思ふに、只、何ともなく、「此れなむ、『阿竭陀薬』と申す」と。国王、「阿竭陀薬」と聞き給て、「其の薬は、服する人、死ぬる事無かなり。『皷に塗て打つに、其の音を聞く人、皆病を失ふ事疑ひ無し』と聞く。況や、服せらむ人、何(な)どか病を𡀍6)ざらむ」と深く信じて、皇子に服せしめつ。

其の後、皇子の病、立ち所に𡀍7)ぬ。大臣は既に家に還て、「御子は即ち死ぬらむ」と思ひ居たる間に、「即ち𡀍8)ぬと聞て、怪び思ふ事(こ)と限無し。国王は、大臣の徳に依て、皇子の病𡀍9)ぬる事を喜び思ひ給ふ。

而る程に、日晩れぬ。夜に入て、国王の居給へる傍を叩く者有り。国王、怪で、「何ぞの者の、かくは叩くぞ」と問ひ給へば、「阿竭陀薬の参れる也」と云ふ。国王、「奇異也」と思ひ給ひ乍ら、叩く所を開けたれば、端正なる、若き男女来れり。国王の御前に居て、語て云く、「我れは、此れ阿竭陀薬也。今日、大臣の持参て服せしめつる薬は、極たる毒也。服する人、忽に命を失ふ者也。大臣、御子を殺さむが為に、毒を『薬ぞ』と名付て、服せしめつるに、王の、『此の薬の名をば、何が云ふ』と問はせ給つるに、大臣、申すべき方無きに依て、只心に非ず、『此れ阿竭陀薬也』と申つるを、王、深く信じて服せしめ給はむと為る程に、『阿竭陀薬ぞ』と云ふ音の、髴(ほのか)に聞えつるに依て、『然らば、阿竭陀薬を服する人は、忽に死ぬる也けりと知ろしめされじ』と思ふに依て、我が忽に来り代て、服され奉る也。然れば、御病は立所に𡀍10)給ひぬる也。此の事を申さむが為に、我れ来れる也」と云て、即ち失ぬ。

国王、此の事を聞き給て、肝心を砕くが如し。先づ大臣を召して、此の由を問はるるに、隠得ずして顕れぬ。然れば、大臣の首を斬られぬ。其の後、御子、身に病無くして、久く持(たもち)けり。此れ、阿竭陀薬を服せるに依て也。

然れば、諸の事は、只深く信を成すべき也けり。信を成せるに依りて、病を𡀍11)す事、此の如くとなむ、語り伝へたるとや。

1) , 2) , 3) , 5) , 6) , 7) , 8) , 9) , 10) , 11)
口へんに愈
4)
底本頭注「可見一本可見奉ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku4-32.txt · 最終更新: 2016/08/21 13:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa