Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第31話 天竺国王服乳成嗔擬殺耆婆語 第卅一

今昔、天竺に国王御けり。其の国王の心、極てねぢけくて、性、本よりとろめきてぞ有ける。只、寝をのみ眠るを役と為り。

然れば、世の人にも似ず有ければ、大臣・公卿有て、「此の国王は只の事にも在さず、かくとろめきて、寝をのみ眠り給ふは、此れ必ず御病に在すめり」と云て、其の時の止事無き医師(くすし)を召して、問はれければ、医師の云く、「此れ、御病也。速に乳を服せしめ給ふべき也」と申す。「然らば、早く乳を進(まゐらす)べし」と定められて、乳を進れり。

国王、乳を服して、極て悪く思えければ、大きに嗔を成して、「此れは、更に薬に非ず。極たる毒也」と云て、多の医師、首斬られにけり。然れば、国王、猶寝を眠り給ふ事、弥よ増(まさり)て、𡀍1)(いゆ)る事無し。

而る間、一人の止事無き医師有り。此れを召して問はるるに、医師の云く、「王、生れ給ひけむ時、母后、何なる事か在しけむ」と。母后、此の事を聞て云く、「我れ、夢に大きなる蛇来て、我れを犯すと見てなむ、此の王を懐妊したりし」と。医師、此の事を聞て、心の内に思はく、「然れば、此の王は蛇の子にて、かく心とろめきて、寝をも眠り給ふ也けり」と心得て、其の薬を思ひ廻すに、只、乳より外の薬無し。「然れば、乳を猶服せしめ奉らむ」と思ふに、前々の医師、皆殺さるれば、極て益無し。然れども、思ひ煩て、乳を非ぬ様に合薬して、「他の薬ぞ」と云て、奉りつ。

国王、此れを服し給ふに、猶、乳の気思えければ、亦、大に嗔て、「此の薬奉りてむ医師、捕へて将参るべし」と。使、行て此れを捕へむと為るに、此の医師、「定めて此の如きの事、有らむずらむ」と、兼て知て、薬を奉て後、速に疾き馬2)を儲て、其れに乗て逃けり。使、逃ぬる由を申すに、「慥に追て捕ふべし」と宣旨有れば、使、追て行く程に、遥に遠く逃て行くと云へども、三日を経て、遂に捕へつ。

然れば、将参る間に、医師の思はく、「王、然か有りとも、此の薬を服し給てば、例の心に成り給ぬらむとは思へども、亦、若し直らぬ事も有らむに、只今、此の使と共に参て、首を斬られむ事、極て益無き事也」と思て、必ず死ぬる毒の草を取て、此の使に、「此れは極たる美(うまき)物也」と云て、先づ医師自ら食つ。此の使共、医師の食ふを見て、毒と知らずして、取て皆食ひつ。其の後、使、即ち皆死ぬ。

医師は、即ち死なぬ薬を食てければ、死なず。使共は、其の死なざる薬を食はざらば、遂に死ぬ。

其の時に、医師、「構へ得たり」と思て、窃に王城に入て、暫く隠れて有る間に、国王、薬の力に依て、例の心に直り給にければ、喜て其の医師を尋るに、恐れ乍ら出来ぬ。国王、此れを召して、勅禄を給ひ、官位を増して、観じ喜び給けり。世の人も、此れを聞て、医師を讃(ほむ)る事限無し。此れより後、国王に乳を奉る也けり。

此の国王は竜の子にて在しましける也となむ、語り伝へたるとや。

1)
口へんに愈
2)
底本頭注「馬ハ象ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku4-31.txt · 最終更新: 2016/08/20 21:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa