Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第25話 龍樹提婆二菩薩伝法語 第廿五

今昔、西天竺に龍樹菩薩と申す聖人御けり。智恵無量にして、慈悲広大になむ御ける。亦、其の時に、中天竺に提婆菩薩と申す聖人御けり。亦、此の人も智(さと)り深くして、法を弘め伝へむ心深し。

其れに、「龍樹菩薩の智恵、無量に在ます」と聞き給て、「其の所に詣でて、仏法を習ひ伝へむ」と思て、遥に西天竺を指して、行き給ふ。其の道、遥に遠くして、或は、深き河を渡り、或は、梯(かけはし)を渡り、或は、遥なる巌の山をかかづり登り、或は、道無き荒磯を渡り、深き山を通り、広き野を行く。或は、水無き所を過ぎ、或は、粮る時も有けり。此の如き堪へ難き道を泣々く行く事は、未だ知らざる仏法を習ひ伝へむが為也。

辛苦悩乱して、月来を経て、終に龍樹菩薩の御許に行き着ぬ。門にして、人を以て案内を申し入れむが為に、伺ひ立てり。一人の御弟子、外より来て、御室に入るに値ぬ。御弟子、問て云く、「□□く聖人の坐るぞ」と。答て云く、「申すべき事有て参たる也」と。御弟子、聞て入ぬ。師の菩薩に此の由を申す。

菩薩、然るべき御弟子を以て、問はしめ給て云く、「何れの所より、何なる人の来られたるぞ」と。提婆菩薩、答て云く、「我は中天竺の人也。伝へ承れば、『大師、智恵無量に在ます』と。道遠く、遥に峻(さかし)くして、輙く趣くべき所にも非ず。加之、年老ひ身羸(つか)れて、歩を運ぶと云へども、其の道堪難し。然りと雖も、只仏法を習ひ伝へむ心深きに依て、『仏法を伝ふべき縁有らば、自然ら参り着きなむ』と思て、身命を顧みずして、参り着たる也」と。

御弟子、聞て還入て、此の由を申す。師、問ひ給ふ、「若き比丘か、老たる比丘か、何様なるぞ」と。弟子、申す、「実に遥なる道を歩び羸れたるにや、痩せ衰へて、糸貴気に侍る人也。立上らずして、門の脇になむ、平がり居て侍る」と。

其の時に、大師、小き箱を取出でて、箱に水を入れて、「此れをば持て行て与へよ」とて給ふ。御弟子、箱を給はりて、提婆菩薩に与ふ。提婆菩薩、箱を取て、箱に水の入れるを見て、衣の頸より針を抜出でて、箱に入れて、御弟子に還し奉る。

御弟子、此の箱を取て、大師に奉る。大師、箱を取て見給ふに、底に針一を入れたり。此れを見て、驚き騒ぎ給ふ事限無し。大師の宣はく、「実の智者の在ますにこそ有けれ。疾く入奉らずして、度々問ひ奉る事、極めて忝し。房を掃き揮(はら)ひ、清き座を敷て、弟子を以て速に入給ふべし」と。

弟子、此の由を承て、先づ大師に申さく、「他国より参れる比丘、門の外にして、事の由を申さす。大師、来れる心を問ひ給ふ。参れる本意の由を申すに、大師、箱に水を入れて給ふ。『遠国より来れば、先づ水を飲て、喉を潤せよと思食すなめり』と思て、比丘に与るに、比丘、水をば飲まずして、衣の頸より針を抜出でて、箱に入れて還し奉る。『針を大師に奉るなめり』と思ふ所に、箱をば針を入乍ら置き給ふ。かく、忝けながり、呼び入れ給ふ事、心得ず」と。

大師、嘲咲(あざわらひ)て宣はく、「汝が智、甚だ愚也。中天竺の比丘、遥に来て、法を伝ふべき由を云ふ。我れ、其の答を云はずして、『箱に水を入て与ふる事は、水入れたる器は小さしと雖も、万里の景は浮ぶ事也。我が智恵は、小き箱の如くなれども、汝が万里の智恵の景を、此の小き箱に浮べよ』とて、箱に水を入れて与ふる也。其れに、来たる聖人、空に我が心を知て、針を抜出でて、箱に入るる事は、『我が針許の智恵を以て、汝が遥の大海の底を極め知らむ』と云ふ心也。年来、我れに相副へりと云へども、智恵薄うして、此の心を悟らず。中天竺の聖人は、遥の所より来れりと云へども、我が心の内を善く知れり。智恵有ると、無きと、勝劣遥に隔たり」と宣ふを聞くに、肝心を砕くが如く思ふ。

然而(しかれど)も、大師の言に依て、此の聖人、入給ふべき由を申す。聖人、入りて、大師に会ひ奉る。瓶の水を写すが如とし。法を習ひ伝へて、本国に還て弘めけり。

智恵有ると無きと、心利(とき)と遅きと、顕はに験(しる)き物也けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-25.txt · 最終更新: 2016/08/13 23:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa