Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第23話 天竺大天事語 第廿三

今昔、天竺に、仏1)、涅槃に入給て四百年に、末度羅国と云ふ国に、大天2)と云人有り。其の父、商の為に大海に浮て、他国へ行ぬ。

其の間、大天、「此の世に、端正美麗勝れたらむ女を以て妻と為む」と思て求るに、求得ずして、家に帰たるに、其の母、端正美麗にして、「世に、此れに勝たる女無かりけり」と見て、母を娶(とつぎ)て、妻と為り。

月来3)相ひ棲む程に、父、数(あまた)の月を経て、海より還り来て、岸に着く程に、大天、思ふ様、「我れ、母を妻と為るに依て、父還り来なば、定めて、我れを善しと思はじ」と思て、未だ陸に上らざる前に、行き向て、父を殺しつ。

其の後、思ふ事無くして棲む程に、大天、白地(あからさま)に外に行たる間、母、隣に行て暫有るを、大天還て、此れを、「密に隣に行て、他の男に娶するぞ」と思ひて、大に嗔を成て、母を捕へて、打殺しつ。

既に、父母を打殺しつ。大天、此の事を恥ぢ恐れて、本の栖(すみか)を去て、遥かに遠き所に行き住む程に、此の本の国に有し一人の羅漢の比丘有けり。其の羅漢、大天が今住む所に来り有けるを、其の時に、大天、此の羅漢を見て思ふ様、「我れ、本の栖にして、父母を殺てき。此の事を恥じ恐るるに依て、此の所に来り住む。爰にして、父母を殺せりし事を深く隠す。而るに、此の羅漢、此に来れり。定めて人に語らむとす。去れば、只□4)如じ、此の羅漢を失てむ」と思て、羅漢を殺しつ。

然れば、既に三逆罪を犯つ。其の後、大天(下文欠)

1)
釈迦
2)
摩訶提婆
3)
底本頭注「月来一本日来ニ作ル
4)
底本頭注「只ノ下不トアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku4-23.txt · 最終更新: 2016/08/11 00:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa