Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第21話 為国王負過人供養三宝免害語 第廿一

今昔、天竺に一人の人有り。国王の為に犯を成して、其の過(とが)を負へり。国王、此の人を捕へて、頸を切らむと為る程に、此の人、国王に申して云く、「我れに七日の暇を免し給へ」と。国王、申すに依て、七日の暇を給ひつ。

此の人、家に還て、心を至して、七日の間、三宝を供養し奉る。七日を過畢て、八日と云ふ朝に、国王の御許に参れり。

国王、此の人を見て、喜て、其の頸を切らしむるに、此の人、忽に仏の相を身に現ず。国王、此れを見て、頸切る事を止めて、大象を酔はしめて、此の人を踏み殺させむと為るに、此の人、金色の光を放て、指の崎より、五の師子を現じ出す。酔象、此れを見て、忽に逃去ぬ。

其の時に、国王、此の奇異の相を見て、恐(お)ぢ怖れて、問て云く、「汝、何なる徳有てか、此の如く有る」と。答て云く、「我れ、家に還て、七日の間、三宝を供養し奉て、七日を過て還り参れる也」と。其の時に、国王、此の人の過を免して、三宝に帰依し奉る事限無し。

然れば、三宝を供養し奉り、帰依する事は、限無きの功徳也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-21.txt · 最終更新: 2016/08/09 01:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa