Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第20話 天竺人為国王被召妻人依唱三帰免蛇害語 第二十

今昔、天竺の鄙土に一人の人有り。端正美麗なる妻を具せり。年来夫妻として相ひ棲むで、契り深し。

其の時に、其の国の王、「国の内に端正美麗なる女を求て、貴賤を撰ばす、后と為む」と思て、尋ねらるるに、人有て、申して云く、「其国其郡其郷にこそ、美麗なる事世に並び無き女は侍るなれ」と。国王、此れを聞て、喜て、召しに遣すに、亦、人申さく、「彼の女は、年来の旧夫有り。人の夫妻の間は百年の契を期す。離別せむ事、何ぞ。妻を召さば、夫、定めて歎き思はむ故に、山野に交りなむ。然れば、先づ夫を召捕て、罪を行はれて、後の妻を召すべき也」と。

国王、「尤も然るべし」とて、先づ夫を召しに遣す。使、彼の所に至て、宣旨の言を読む。夫の云く、「我れ、更に公の御為に犯せる所無し。何の故有ればか、我れを召すべき」と。使、亦云ふ事無くして、夫を相ひ具して、王宮に将参ぬ。

国王、此れを見給ふに、忽に罪に行はむ事の、指(させ)る故無ければ、「遣はすべき所有り」と思て、宣はく、「汝ぢ、此れより艮(うしとら)に四十里行て、大なる池有り。其の池に、四種の蓮花開たり。七日の内に其の蓮花を取て、持参すべし。若し、持来れらば、汝に賞を給ふべし」と。

夫、宣旨を奉(うけたま)はりて、家に還て、愁へ歎ける気色有り。妻、食を備へて与ふと云へども、更に食さずして、悲歎して居たり。妻、問て云く、「何事に依て、歎て食せざるぞ」と。夫、宣旨の状を語る。妻の云く、「速に食すべし」と。夫、云ふに随て食しつ。

其の後、妻の云く、「伝へ聞ければ、彼の道は多の鬼神有り。池には大なる毒蛇有て、花の茎を纏て棲むなり。行く人、一人として還る事無し。悲きかなや、汝と我れ、生乍ら別れなむとす。千歳の契を期しつれども、忽に鬼神の為に命を奪はれなむとす。我れ独り、此の所に残り留て、何の益か有らむ。我れ、汝と共に死なむ」と、泣々く云ふ。夫、妻を誘(こしら)へて云く、「我れ、汝が身に代らむと思つれども、忽に王難に値て、其の本意に違ぬ。二人乍ら死なむ事益無し。猶、汝は留まれ」と云て止つ。

妻、夫に教て云く、「其の道に多の鬼神有なり。鬼神有て、『汝は誰人ぞ』と問はば、『我れは娑婆世界の釈迦牟尼仏の御弟子也』と答ふべし。『何なる法文をか習へる』と問はば、『南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧』と、『此の文也』と答へよ」と教へて、七日の粮を裹(つつま)せて、出し立つ。夫、家を出でて行くに、夫は妻を見返り、妻は夫を見送りて、互に別を惜しむ事限無し。

四日と云ふに、守門の鬼の許に至ぬ。鬼、此れを見て、喜て噉(く)はむとして、先づ問て云く、「汝は何こより此れる人ぞ」と。答て云く、「我れは娑婆世界の釈迦牟尼仏の御弟子也。国王の仰せに依て、四種の蓮花を取らむが為に来れる」と。鬼の云く、「我れ、未だ仏と云ふ名を聞かず。今始て仏の御名を聞くに、忽に苦を離れて、鬼の身を転じつ。此れに依て、汝を免す。此れより南にも、亦鬼神有り。亦此の如く云ふべし」と教へて放てば、亦行けば、鬼有り。

此れを見て、喜て噉むと為て、「汝、抑誰人ぞ」と問へば、上の如く答ふ。「亦何なる法文か持てる」と問へば、三帰の法文を誦す。其の時に、鬼、歓喜して云く、「我れ、無量劫を経つるに、未だ三帰の法門を誦するを聞かざりつ。今悦(うれし)く汝に会て、此の文を聞つるに、鬼の身を転じて、天上に生まるべし。汝ぢ、此れより南へ行かば、大毒蛇多かり。善悪を知らず、定て汝を呑てむとす。然れば、汝、暫く此こに有れ。我れ、彼の花を取て得しめむ」と云て行ぬ。

即ち、四種の蓮花を持来て、授て云く、「国王の仰せに、七日の内と有なり。汝、家を出でて、今日五日也。残の日、幾ならず。七日の内に行着む事難し。然れば、汝、我が背に乗れ。汝を負て疾く将行かむ」と云て、背に乗せて、程無く王宮に至ぬ。鬼は下して後、忽に失ぬ。

即ち、四種の花を持参たれば、怪びて問ひ給ふに、事の有様を一々に申す。国王、此の事を聞て、甚だ歓喜して宣はく、「我れは鬼神に劣れり。『汝を害して、妻を取らむ』と思ひつ。鬼神は我に増(まさ)れり。汝が命を助けて返せり。我れ、永く汝が妻を免す。速に家に返て、三帰の法文を受持せよ」と。

夫、家に返て、妻に此の事を語る。妻、亦喜て、互に三帰の法文を受持しけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-20.txt · 最終更新: 2016/08/08 18:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa