Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第2話 波斯匿王請羅睺羅語 第二

今昔、天竺に、仏、涅槃に入給て後、波斯匿王、羅睺羅を請じて、百味の飲食を調へて、供食す。大王及び后、自ら手に取て、此れを供養するに、羅睺羅、供養を受て、一箸を食して後、涙を流して哭く事、幼き児(ちご)の如し。

其の時に、大王及び百官、皆此れを見て怪むで、羅睺羅に問て云く、「我れ、苦(ねんごろ)に心を至して供養し奉れり。何の故有て哭き給ふぞ。速に其の由を宣ふべし」と。羅睺羅、答て云く、「仏、涅槃に入給て後、未だ久しからざるに、此の飯の味ひ、遥に変じて悪き也。然れば、此れより末世の衆生、何を以て食せむと思ふが悲しければ哭く也」と云て、哭く事、猶止まず。

其の後、大王の見給ふに、羅睺羅、臂を延べて、地の底の土の中より、飯一粒を取り出て云く、「此れ、仏の在世の時の飯也。断惑の聖人の食也。此の飯と、今の供養の飯と、速に試み合すべし」と。大王、此れを取て嘗め給ふ。味ひ不思議也。今の供養の飯に相ひ比(くらぶ)るに、始の飯は毒の如し也、此れは甘露の如し也。

其の時に羅睺羅の云く、「世に聖人皆失て、誰が為にか」と、「此れ堅牢地神の地味を五百由旬地の底に埋める也」と。王の云く、「然らば、何ならむ時にか、其の地味は有るべき」と。羅睺羅、答て云く、「仁王経講ぜむ所には、必ず地味有るべき也」と。

然れば、末世の衆生の為には、仁王講、尤も要須の善根也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-2.txt · 最終更新: 2016/07/21 17:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa