Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第19話 天竺僧房天井鼠聞経得益語 第十九

今昔、天竺に、仏、涅槃に入給て後、一の房に比丘住せり。常に法花経を誦し奉る。其の房の天井の上に五百の老鼠有て、日々夜々に此の法花経を聞き奉り、数(あまた)の年を経たり。

其の時に、其の所に六十の狸出来て、此の五百の老鼠を皆喰つ。其の鼠、五百乍忉利天に生れぬ。天の命尽て、皆人界に生れぬ。舎利弗尊者に値て、阿羅漢果を証して、終に悪道に堕ちず、弥勒の出世の時生れて、仏の記別に預て、衆生を利益すべし。

鼠そら、経を聞き奉るに、此の如し。何況や、人、誠の心を至して、法花経を聞き奉て、一心に信仰せむに、更に道を成じ、亦三悪道を離れむ事、疑ふべからず。

抑も、外典1)に云ふ様、「白き鼠は命三百歳有り。一百歳より身の色白く成ぬ。其の後は、善く一年の内の吉凶の事を知り、千里の内の善悪の事を悟る。其の名をば神鼠と云ふ」。

然れば、経を聞き奉て、道を得る事も有る也となむ、語り伝へたるとや。

1)
『抱朴子』内篇・対俗篇を指す。
text/k_konjaku/k_konjaku4-19.txt · 最終更新: 2016/08/08 12:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa