Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第18話 天竺国王以酔象令殺罪人語 第十八

今昔、天竺に国王有り。国の中に王法を犯す不善の輩有れば、一の大象を以て、酔はしめて、罪人に放ち任すれば、大象、目を赤め大口を開て、走り懸て、犯人を踏殺す。然れば、国の内の罪人、一人として生る者無し。此れに依て、此の象を以て、国の第一の財とす。隣国の敵人も、此の由を聞て、敢て来たらず。

其の時に、象の厩に火出来て焼ぬ。暫く厩を造る間、此の象を僧房に繋げり。其の房の主、常は法華経を誦し奉るに、一夜を経る程に、象、此の経を聞き奉る。其の明(あけ)なる日、象、極て禁じたり。

而る程に、多の罪人を将来れり。此の象を酔はしめて、前々の様に放ち合するに、象、這ひ臥て、罪人の踵を舐て、敢て一人を害せず。其の時に、大王、大に驚き怪むで、象に向て云く、「我が憑む所は、此れ汝ぢ也。然れば、国の内に罪人少く、隣国の敵人来たらず。若し、此の象、此の如き有らば、何を以てか彼の依怙(たのみ)と為む」と宣ふ。

其の時に、或る一人の智臣の云く、「此の象は、今夜、何なる所にか繋げる。若し、僧房の辺にや有つる」と問ふに、人有て答て云く、「然か有つ」と。智臣の云く、「然れば、此の象は、今夜、僧房にして比丘の経誦するを聞て、慈心を成して、人を害せざる也。速に屠の辺に遣て、一夜を経て試すべし」と。

其の教へに随へて、大象を屠の辺に遣て、一夜を経て、明る日罪人に向ふるに、歯を嚼み口を開て、疾く走り寄て、員(かず)を尽して踏殺しつ。其の時に、国王、喜び給ふ事限無し。

此れを以て思ふに、畜生そら法を聞て、悪心を止て、善心を発す事此の如し。何況や、心有らむ人、法を聞て貴ばむに、悪心は必ず止なむとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-18.txt · 最終更新: 2016/08/08 11:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa