Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第16話 天竺乾陀羅国絵仏為二人女成半身語 第十六

今昔、天竺の乾陀羅国に大王有り。波斯利迦王と云ふ。其の王、七重の宝塔を起たり。其の東に一里行て、半身の絵像の仏御ます。

「何の故有てか、半身には御ますぞ」と尋ぬれば、其の国に、昔し、一人の貧き女有けり。道心を発して、「仏像を書奉らむ」と思て、仏師の許に行て、相ひ語らひて書かしむ。其の側に、一人の女有て、「我も仏書奉らむ」と思て、同じ仏師の許に行て、相ひ語て、仏を書かしむ。此の二人の女、共に貧しくして、其の料物、極て不足也。此れに依て、丈六の絵像一鋪を書たり。

日来を経て、本の女、「我が仏を礼み奉らむ」と思て、仏師の許に至て、「仏を礼み奉らむ」と云ふ。仏師の仏を取出して見する間、今一人の女が、「我が仏の御許に参て、礼み奉らむ」と思て、至り会て、「仏は出き御坐たりや」と云ふ。

其の時に、仏師、同仏を、「此れ汝が仏也」と云ふ。其の時に、前の女云く、「何に。『我が仏ぞ』と云つるは、早う他人の仏にこそ御坐けれ」と云へば、後の女、亦云く、「此の仏は、然(さ)は我が仏には非らざりけり」と云ふ。二人の女、共に心を迷して諍ふ。

其の時に、仏師、二人の女に語て云く、「母金は極て少し。仏は其の相好、一も欠給ぬれば、仏師も施主も共に地獄に堕と云ふ。汝等、仏の料物、極て不足なるに依て、一仏を書奉たる也。仏は一仏に坐せど、利益は同心也。汝等、只一つ心に、信を専にして、供養し奉れ」と云ふ。

然りと雖も、二人の女、諍ふ心を止めず。其の時に、仏師、仏前に詣でて、磬を打て、仏に白して申さく、「我れ、二人の女施主の、仏の料物不足なるに依て、一も犯用せず。而るに、二人の料に一仏を書たり。二人の女、各諍て責む。相語ひ誘(こしらふ)るに、其の心止まず。然れば、世尊、此の由を証明し給へ。自らは更に罪無し」と申す時に、其の日を過ぐさず、仏像、御腰より上、忽に別て半身に成り給ぬ。御胸より下は、本の如の体也。仏師、心清く、一塵犯用せざりければ、裁(ことわ)り申すに、仏、二に別れ給へり。

其の時に二人の女、仏の威験の新なるを見奉て、弥よ誠を至して、供養恭敬し奉けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-16.txt · 最終更新: 2016/08/06 03:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa