Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第13話 天竺人於海中値悪竜人依比丘教免害語 第十三

今昔、天竺の人は、道を行く時は必ず比丘を具す。守有るが故也。

昔、一人の人有り。商の為に船に乗て、海に出ぬ。悪風俄に出来て、船を海の底へ巻き入る。其の時に、梶取有て、船の下を見れば、一人の優婆塞有り。梶取の云く、「汝は此れ何人ぞ」と。優婆塞、答て云く、「我は此れ竜王也。『汝が船を海底に巻き入れむ』と思ふ」と云へり。

梶取の云く、「何の故有てか、汝、我等を忽に殺さむと為る」と。竜王の云く、「汝が船に具したる比丘は、前生に我れ人と有りし時、我が家に有りし比丘也。朝暮に我が供養を受て、数(あまた)の歳を過すと云へども、我れに呵嘖を加へずして、罪業を造せて、今既に蛇道に堕したり。一日に三度、釼を以て切らるる事を得たり。此れ、偏に此の比丘の咎也。其の事の妬く情無きに依て、『彼の比丘を殺さむ』と思へり。

梶取の云く、「汝、蛇身を受て、三熱の苦に預て、連日に刀釼の悲を得る事は、此れ即ち、前生に悪業を造れる故也。亦、何に愚に、数の人を殺害して、其の果報を増さむと為る」と。竜王の云く、「我れ、昔を思ひ遣れば、前後の事を知らず。只、云教へずして、罪を造らしめて、悪業を得て、苦を受るが、極て情無ければ、『殺さむ』と思ふ」と。梶取の云く、「汝ぢ、一日一夜、此こに留り給へ。法を聞かしめて、汝が蛇道を遁れしめむ」と。

此の語に依て、竜王、一日一夜其の所に留て、比丘、経を誦して、竜王に聞かしむ。竜王、経を聞て、忽に蛇身を転じて、天上に生ると云へり。

然れば、「専に善根を修せよ」と親しからむ人をば教ふべき也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-13.txt · 最終更新: 2016/08/04 12:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa