Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第9話 常澄安永於不破関夢見在京妻語 第九

今昔、常澄の安永と云ふ者有けり。此れは惟孝の親王1)と申ける人の下家司(しもけいし)にてなむ有ける。其れに、安永、其の宮の封戸を徴(はた)らむが為に、上野の国に行にけり。然て、年月を経て返り上けるに、美濃国不破の関に宿しぬ。

而る間、安永、京に年若き妻の有けるを、月来国に下ける時より、極て不審(おぼつかな)く思けるに合せて、俄に極じく恋しく思えける。「何なる事の有ならむ。夜明ば、疾く怱ぎ行かむ」と思て、関屋に寄臥たりける程に、寝入にけり。

夢に、安永見れば、京の方より火を燃(とも)したる者来るを見れば、童、火を燃して女を具したり。「何なる者の来ならむ」と思ふ程に、此の臥たる屋の傍に来たるを見れば、此の具したる女は、早う京に有る我が「不審し」と思ふ妻也けり。「此は何に」と奇異(あさまし)く思ふ程に、此の臥たる所に、壁を隔て居ぬ。

安永、其の壁の穴より臨(のぞき)て見れば、此の童、我が妻と並び居て、忽に鍋を取寄て、飯を炊て、童と共に食ふ。安永、此れを見て思はく、「早う、我が妻は、我が無かりつる間に、此の童と夫妻と成にけり」と思ふに、肝騒ぎ心動て安からず思へども、「然はれ、為む様を見む」と思て見るに、物食ひ畢て後、我が妻、此の童と二人掻抱からひて臥ぬ。然て、程も無く娶ぐ。安永、此れを見るに、悪心忽に発て、其こに踊入て見れば、火も無し、人も見えず、と思ふ程に夢覚ぬ。

「早う、夢也けり」と思ふに、「京に何なる事の有るにか」と弥よ不審く思ひ臥たる程に、夜明ぬれば、急立て、夜を昼に成て京に返て、家に行たるに、妻、恙が無くて有ければ、安永、喜(うれし)と思けるに、妻、安永を見ままに咲て云く、「昨日の夜の夢に、此に知らぬ童の来て、我れを倡(いざなひ)て相具して、何くとも知らぬ所に行しに、夜る火を燃して、空なる屋の有し内に入て、飯を炊て、童と二人食て後、二人臥たりし時に、其こ俄かに出来たりしかば、童も我も騒ぐと思ひし程に夢覚にき。然て『不審』と思ひ居たりつる程に、此く御たる」と云けるを聞て、安永、「我も然々見て、『不審し』と思て、夜を昼に成して急ぎ来たる也」と云ければ、妻も此く聞て奇異く思けり。

此れを思ふに、妻も夫も此く同時に同様なる事を見けむ、実に希有の事也。此れは、互に同様に「不審し」と思へば、此く見るにや有らむ。亦、精の見えけるにや有らむ。心得ぬ事也。

然れば、物などへ行にも、妻子にても、強に「不審し」とは思ふまじき也。此く見ゆれば、極く心の尽る事にて有る也となむ、語り伝へたるとや。

1)
惟喬親王
text/k_konjaku/k_konjaku31-9.txt · 最終更新: 2015/04/12 19:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa