Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第6話 賀茂祭日一条大路立札見物翁語 第六

今昔、賀茂の祭の日、一条と東の洞院とに、暁より札立たりけり。札に書たる様、「此は翁の物見むずる所也。人立つべからず」と。

人、其の札を見て、敢て其の辺に寄らず。「此れは陽成院の『物御覧ぜむ』とて立てられたる札なり」と、皆人思て、歩の人、更に寄らざりけり。何に況や、車と云ふ物は其の札の当りに立てざりけるに、漸く事成らむと為る程に、見れば、浅黄上下着たる翁出来て、上下を見上見下して、高扇を仕て、其の札の許に立て、静に物を見て、物渡り畢にければ返ぬ。

然れば人、「陽成院の物御覧ずべかりけるに、怪く御まさざりぬるは。何なる事にて御覧ぜぬにか。札を立乍ら御まさざりぬる、怪き事かな」と、人、口々に心得ず云ひ合たりけるに、亦人の云ふ様、「此の物見つる翁の気色は怪かりつる者かな。此奴の、院より立てられたる札と人には思はせて、此の翁の札を立て、『我れ所得て物見む』とて為たるにや有らむ」など、様々に、人、云ひ繚(しらひ)けるに、陽成院、自然ら此の事を聞し食てければ、「其の翁、慥に召して問へ」と仰せられければ、其の翁を尋ねられけるに、其の翁、西の八条の刀禰に有ける。

然れば、院より下部を遣して召ければ、翁、参てけり。院司、承りて、「汝ぢ、何かに思て、『院より立てられたる札』と書て、一条の大路に札を立て、人を恐して、したり顔に物は見けるぞ」と。「其の由、慥に申せ」と問はれければ、翁、申て云く、「札を立たる事は、翁が仕たる事也。但、『院より立てられたる札』とは、更に書候はず。翁、既に年八十に罷り成にたれば、物見む心も候はず。其れに、孫に候ふ男の、今年蔵司の小使にて罷り渡り候つる也。其れが、極て見ま欲く思給へ候しかば、『罷出て見給へむ』と思給へしに、年は罷老にたり、『人の多く候はむ中にて見候はば、踏倒されて死候なむ、益無かりけむ』と思給て、『人、寄来らざらむ所にて、やすらかに見給へむ』と思給へて、立て候ひし札也」と陳ければ、陽成院、此れを聞し食し、「此の翁、極く思ひ寄て札を立たりけり。『孫を見む』と思けむ、専ら理也。此奴は極く賢き奴にこそ有けれ」と感ぜさせ給て、「速に疾く罷返りね」と仰せ給ければ、翁、したり顔なる気色にて、家に返て、妻の嫗に、「我が構たりし事、当に悪からむや。院も此く感ぜさせ給ふ」と云て、我れ賢(さかしら)になむ思たりける。

然れども、世の人は、此く感ぜさせ給を、受け申さざりけり。但し、「翁の『孫を見む』と思けむは理也」とぞ、人云けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-6.txt · 最終更新: 2015/04/09 13:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa