Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第37話 近江国栗太郡大柞語 第卅七

今昔、近江の国栗太(くるもと)の郡に、大きなる柞(ははそ)の樹生たりけり。其の圍五百尋也。然れば、其の木の高さ、枝を差たる程を思ひ遣るべし。其の影、朝には丹波の国に差し、夕には伊勢の国に差す。霹靂する時にも動かず。大風吹く時にも揺がず。

而る間、其の国の志賀・栗太・甲賀三郡の百姓、此の木の蔭に覆れて日当らざる故に、田畠を作得る事無し。此れに依て、其の郡々の百姓等、天皇に此の由を奏す。天皇、即ち掃守(かもり)の宿禰□□等を遣て、百姓の申すに随て、此の樹を伐り倒してけり。然れば、其の樹伐り倒して後、百姓、田畠を作るに、豊饒なる事を得たりけり。

彼の奏したる百姓の子孫、于今其の郡々に有り。

「昔は此る大きなる木なむ有ける。此れ希有の事也」となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-37.txt · 最終更新: 2015/05/02 03:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa