Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第36話 近江国鯉与鰐戦語 第卅六

今昔、近江の国志賀の郡古市の郷の東南に、心見の瀬有り。郷の南の辺に勢多河有り。其の河の瀬也。其の瀬に、大海の鰐上て、江の鯉と戦けり。

而る間、鰐、戦負ぬれば、返り下て、山背の国に石と成て居ぬ。鯉は戦ひ勝ぬれば、江に返り上て、竹生島を繞きて1)居ぬ。此の故に心見の瀬と云ふ也けり。

彼の石に成たりと云ふは、今山城の国□□郡の□□に有る此れ也。彼の鯉は、于今竹生島を繞て有とぞ、語り伝へたる。心見の瀬と云は、勢多河の□□の瀬也となむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「繞キハ繞リノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku31-36.txt · 最終更新: 2015/05/02 02:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa