Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第32話 人見酔酒販婦所行語 第卅二

今昔、京に有ける人、知たる人の許に行けるに、馬より下て其の門に入ける時に、其の門の向也ける古き門の、閉て人も通らぬに、其の門の下に販婦(ひさめ)の女、傍に物共入れたる平なる桶を置て臥せり。「何にして臥たるぞ」と思て、打寄て見れば、此の女、酒に吉く酔たる也けり。

此く見置て、其の家に入て、暫く有て出て、亦馬に乗らむと為る時に、此の販婦の女、驚き覚たり。見れば、驚くままに物を突に、其の物共入れたる桶に突き入れてけり。「穴穢な」と思て見る程に、其の桶に鮨鮎の有けるに突懸けり。販婦「錯しつ」と思て、怱て手を以て、其の突懸たる物を、鮨鮎にこそ韲(あへ)たりけれ。

此れを見るに、穢しと云へば愚也や。肝も違ひ心も迷ふ許思へければ、馬に急ぎ乗て、其の所を逃去にけり。

此れを思ふに、鮨鮎、本より然様だちたる物なれば、何にとも見えじ。定めて、其の鮨鮎売にけむに、人食はぬ様有らじ。

彼の見ける人、其の後永く鮨鮎を食はざりけり。然様に売らむ鮨鮎をこそ食はざらめ。我が許にて、慥に見て、鮨調(ととのへさ)せたるをさへにてなむ食はざりける。其れのみにも非ず。知と知たる人にも、此の事を語て、「鮨鮎な食ひそ」となむ制しける。亦、物など食ふ所にても、鮨鮎を見ては、物狂はしきまで唾を吐てなむ、立て逃ける。

然れば、市・町に売る物も、販婦の売る物も、極て穢き也。此れに依て、少も叶たらむ人は、万の物をば、目の前にして慥に調せたらむ1)を食ふべき也となむ語り伝へたるとや。

1)
底本「調せらむた」。誤植と見て訂正
text/k_konjaku/k_konjaku31-32.txt · 最終更新: 2015/04/29 15:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa