Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第31話 太刀帯陣売魚嫗語 第卅一

今昔、三条の院の天皇の、春宮にて御ましける時に、太刀帯の陣に常に来て、魚売る女有けり。太刀帯共、此れを買せて食ふに、味ひの美かりければ、此れを役と持成して、菜料に好みけり。干たる魚の切々(きれぎれ)なるにてなむ有ける。

而る間、八月許に、太刀帯共、小鷹狩に北野に出て遊けるに、此の魚売の女、出来たり。太刀帯共、女の顔を見知たれば、「此奴は野には何態為るにか有らむ」と思て、馳寄て見れば、女、大きやかなる籮(したみ)を持たり。亦、楚(ずはえ)一筋を捧て持たり。

此の女、太刀帯共を見て、怪く逃目を仕て、只騒ぎに騒ぐ。太刀帯の従者共寄て、「女の持たる籮には何の入たるぞ」と見むと為るに、女、惜むで見せぬを怪がりて、引奪て見れば、蛇を四寸許に切つつ入たり。奇異く思て、「此は何の料ぞ」と問へども、女、更に答ふる事無くて、□□て立てり。

早う、此奴のしける様は、楚を持て薮(おどろ)を驚かしつつ、這出る蛇を打殺して切つつ家に持行て、塩を付て干て売ける也。太刀帯共、其れを知らずして買せて、役と食ける也けり。

此れを思ふに、「蛇は食つる人悪」と云ふに、何と蛇の毒せぬ。然れば、「其の体慥に無くて、切々ならむ魚売らむをば、広量に買て食はむ事は止むべし」となむ、此れを聞く人、云繚(いひしらひ)けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-31.txt · 最終更新: 2015/04/29 14:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa