Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第27話 兄弟二人殖萱草紫苑語 第廿七

今昔、□□の国□□の郡に住む人有けり。男子二人有けるが、其の父失にければ、其の二人の子共、恋ひ悲ぶ事、年を経れども忘る事無かりけり。昔は失ぬる人をば墓(つか)に納めければ、此をも納めて、子共、祖(おや)の恋しき時には、打具して彼の墓に行て、涙を長して、我が身に有る憂へをも歎をも、生たる祖などに向て云はむ様に云つつぞ返ける。

而る間、漸く年月積て、此の子共、公けに仕へ私を顧るに、堪難き事共有ければ、兄が思ける様、「我れ只にては思ひ□べき様無し。萱草(わすれぐさ)と云ふ草こそ、其れを見る人、思をば忘るなれ。然れば、彼の萱草を墓の辺に殖て見む」と思て、殖てけり。

其の後、弟、常に行て「例の墓へや参り給」と兄に問ければ、兄、障(さはり)がちにのみ成て、具せずのみ成にけり。然れば、弟、兄を「糸心踈(う)し」と思て、「我等二人して祖を恋つるに、懸りてこそ日を暗(くら)し夜を曙(あか)しつれ。兄は既に思ひ忘れぬれども、我は更に祖を恋る心忘れじ」と思て、「紫苑1)(しをに)と云ふ草こそ、其れを見る人、心に思ゆる事は忘れざなれ」とて、紫苑を墓の辺に殖て、常に行つつ見ければ、弥よ忘るる事無かりけり。

此様に年を経て行ける程に、墓の内に音有て云く、「我れは汝が祖の骸(かばね)を守る鬼也。汝ぢ、怖るる事無かれ。我れ、亦汝を守らむと思ふ」と。弟、此の音を聞くに、「極て怖し」と思ひ乍ら、答へも為で聞居たるに、鬼、亦云く、「汝ぢ、祖を恋る事、年月を送ると云へども、替る事無し。兄は同く恋ひ悲て見えしかども、思ひ忘る草を殖て、其れを見て、既に其の験を得たり。汝は亦紫苑を殖て、其れを見て、其の験を得たり。然れば、我れ、祖を恋ふる志の懃なる事を哀ぶ。我れ、鬼の身を得たりと云へども、慈悲有るに依て、物を哀ぶ心深し。亦、日の内の善悪の事を知れる事、明か也。然れば、我れ、汝が為に見えむ所有らむ夢を以て、必ず示さむ」と云て、其音止ぬ。弟、泣々く喜ぶ事限無し。

其の後は、日の中に有るべき事を夢に見る事、違ふ事無かりけり。身の上の諸の善悪の事を知る事、暗き事無し。此れ、祖を恋ふる心の深き故也。

然れば、「喜き事有らむ人は、紫苑を殖て常に見るべし。憂へ有らむ人は、萱草を殖て常に見るべし」となむ語り伝へたるとや。

1)
「苑」底本異体字。草冠ワ冠の下に死。以下同じ。なお、標題も異体字だが、ワ冠がウ冠になっている。
text/k_konjaku/k_konjaku31-27.txt · 最終更新: 2015/04/27 22:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa