Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第25話 豊前大君知世中作法語 第廿五

今昔、□□天皇の御代に、豊前の大君と云ふ人有けり。柏原の天皇の御孫にてなむ有ける程に、位は四位にて、官は刑部卿にて、大和の守などにてなむ有ける程に1)、此の人、世の中の事を吉く知り、心ばへ直(すなほ)にて、公の御政を吉も悪も吉く知て、除目有らむずる時には、先づ国の数た開(あき)たるを、各(おのお)の次第を待て望む人々の有るをも、国の程に宛て押量りて、「其の人をば、其の国の守にこそ成さるらめ。其の人は、道理を立て望めども、否(え)成らじかし」など、国毎に云たりける事を、人皆聞て、所望叶たりける人は、除目の後朝には、此の大君の許に行てなむ讃ける。此の大君の押量り除目、露違はざりければ、世挙て、「尚、此の大君の押量り除目、賢き事也」となむ云ひ喤ける。

除目の前にも、此の大君の許になむ行き集て問ければ、思ひ量たるままになむ答へ居たりける。「成るべし」と云はれたる人は、手を摺て喜びて、「尚、此の大君、極き人」と云てなむ返ける。「成らじ」と云ふを聞たる人は、大きに嗔て、「此は何事云ひ居る旧大君ぞ。道祖(さへ)の神を祭て狂(くるふ)にこそ有ぬれ」など云て、腹立てなむ返ける。

然て、此く「成るべし」と云たる人の成らずして、異人の成たるをば、「此れは公の悪く成されたるぞ」となむ、大君、世を謗り申ける。然れば、天皇も、「豊前の大君は除目をば何が云なる」となむ、天皇に親く仕つる人々に、「行て問へ」となむ仰せられける。

昔は此る人なむ世に有けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「程ニノ二字諸本ナシ」
text/k_konjaku/k_konjaku31-25.txt · 最終更新: 2015/04/26 12:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa