Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第20話 霊巌寺別当砕巌廉語 第二十

今昔、北山に霊巌寺と云ふ寺有けり。此の寺は妙見の現じ給ふ所也。

寺の前に三町許去て、巌廉(いはかど)有りけり。人の屈(かがみ)て通る許の穴にてぞ有ける。万の人、皆参り仕りて現新た也ければ、僧房共数(あまた)造り重ねて脺(にぎは)しき事限無し。

而る間、□□天皇、御目を病せ給ひければ、彼の霊巌寺に行幸有るべき議有けるに、この巌廉の有れば、御輿の通るべき様無かりければ、「行幸否(え)有まじかなり」と定められけるを聞き、其の寺の別当也ける僧、「行幸有らば、我れ必ず僧綱に成べきに、行幸無くば僧綱に成ぬ事は不用ななり」と思て、行幸を有らせむが故に、「此の巌廉失はむ」と云て、夫(ぶ)を以って多くの柴を苅せて、此の巌廉の上下に積せて、火を付て焼むと為るに、其の寺の僧の中に年老たる者共など有て、「此の寺の験じ給ふ事は、此の巌廉に依て也。其れに、此の巌廉を失はれなば、験失せて寺廃(すたれ)なむとす」と云ひ合て、歎きけれども、時の別当、我が喜せむが為に、破(わり)無く謀る事なれば、寺の僧共の云はむ事をば聞てむやは。耳にも聞入れずして、其の苅積たる柴に火を付て焼きつ。

然て、巌を温(あたたまら)かして、大きなる鉄槌(かなづち)を以て打砕ければ、皆砕て散々(ちりちる)に、其の時に巌廉の砕ける中より、百人許が音にて、同音に咲たりければ、寺の僧共、「極き態かな。此の寺は荒ぬ。魔障に謀られて此(かく)しつる也」と云て、別当を悪1)み喤ける程に、巌廉は失なひたれども行幸も無かりければ、別当、喜びも為で止にけり。

其の後、別当、寺の僧共に悪2)み厭はれて、寺にも寄来ず成にけり。其の後より、寺、只荒(ひたあれ)に荒て、堂舎・僧房も皆失にければ、僧、一人も住む事無くして、後には木伐の道と成てなむ有ける。

此れを思ふに、糸益無き態したる別当也かし。僧綱に成るべき報の無からむには、極く巌廉失たりとも成なむやは。智り無かりける僧にや。愚に其れを知らずして、我を3)喜び為ぬ者から、止事無き霊験の所を失なひたる、心踈(う)き事也。

然れば、「所に随ひて験も有ける也」となむ、語り伝へたるとや。

1) , 2)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
3)
底本頭注「我ヲハ我モノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku31-20.txt · 最終更新: 2015/04/24 02:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa