Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第17話 常陸国□□郡寄大死人語 第十七

今昔、藤原の信通の朝臣と云ける人、常陸の守にて其の国に有けるに、任畢の年、四月許の比、風糸おどろおどろしく吹て、極く荒ける夜、□□の郡の東西の浜と云ふ所に、死人打寄られたりけり。

其の死人の長け五丈余也けり。臥長(ふしたけ)砂に半ば埋められたりけるに、人、高き馬に乗て打寄たりけるに、弓を持たる末許ぞ此方に見えける。然ては其の程を押量るべし。其の死人、頭より切て頭無かりけり。亦、右の手、左の足も無かりけり。此れは鰐などの咋切(くひきり)たるにこそは。本の如くにして有ましかば、極じからまし。亦、低(うつぶ)しにて砂に隠たりければ、男女何れと云ふ事を知らず。但し、身成り・秦(はだ)つきは女にてなむ見えける。国の者共、此れを見て、奇異(あさまし)がりつ、合て見喤ける事限無し。

亦、陸奥の国に海道と云ふ所にて、国司□□の□□と云ける人も、「此る大人寄たり」と聞て、人を遣(おこせ)て見せけり。砂に埋められたりければ、男女をば知難し。「女にこそ有めれ」とぞ見けるを、智り有る僧なむどの云けるは、「此の一世界に、『此る大人、有る所有』と、仏の説給はず。此れを思ふに、阿修羅女などにや有らむ。見成などの糸清気なるは、若し然にや」とぞ疑ひける。

然て、国の司、此る希有の事なれば、「何でか国解申さでは有らむ」とて、申上むと既にしけるを、国の者共、「申し上げられなば、必ず官使下て見むとす。其の官使の下らむに、繚(わづらひ)大事也なむ。只隠して、此の事は有るべき也」と云ければ、守、申上で隠して止にけり。

而る間、其の国に□□の□□と云ふ兵有けり。此の大人を見て、「若し、此る大人寄来たらば、何がせむと為る。若し箭は立なむや、試む」と云て射たりければ、箭糸(い)と深く立にけり。然れば、此れを聞く人、「微妙く試たり」とぞ、讃め感じける。

然て、其の死人、日来を経ける程に乱にければ、十廿町が程には、人否(え)住まで、逃なむどしける。臭さに堪難ければなむ。

此の事、隠したりけれども、守、京に上にければ、自然ら聞えて、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-17.txt · 最終更新: 2015/04/19 21:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa