Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第16話 佐渡国人為風被吹寄不知島語 第十六

今昔、佐渡の国に有ける者、数(あまた)一船に乗て物へ行けるに、息中(おきなか)にして、俄に南の風出来て、船を北様に箭を射るが如くに吹き遣りければ、船の者共、「今は限りぞ」と思て、艣をも引上て、只風に任せて行けるに、息の方に一の島を見付て、「構て彼の島に着ばや」と思ひけるに、思の如く其の島に着ぬ。

「先づ暫の命は助かりぬ」と思て、迷ひ下むと為るに、島より人出来たり。見れば、男にも非ず、童にも非ず、頭を白き衣を以て結たり。其の人の長、極て高かし。有様、実に此の世の人と思えず。船の人、此れを見るに、怖しき事限り無し。「此れは鬼にこそ有めれ。我等は鬼の住ける島を知らで来にけり」と思ふに、島の人の云く、「此は何なる人の寄り来れるぞ」と。船の人の答て云く、「我等は佐渡の国の人也。船に乗て物へ罷つる程に、俄に悪風に値て、思ひ懸けず此の島に着たる也」と。島の人の云く、「努々、此の地に下る事無かれ。此の地に登なば、悪き事有らむ。食物などを遣(おこ)せむ」と云て、罷り入ぬ。

暫許有れば、同様なる人、十余人許出来たり。船の人、「我等をば殺てむずる也けり」。此れ等が長程を見るに、其の力思ひ遣られて、怖しき事限無し。島の者共、寄り来て云く、「此の島へ呼び上すべけれども、上なば、其こ達の為に悪き事の有ぬべければ也。此れを食ひて、暫く有らば自然ら風直りなむ。其の時に本国に返り行くべき也」と云て、不動と云ふ物と、芋頭と云ふ物とを持来て食すれば、糸吉く食てけり。

不動と云ふ物も極て大き也。芋頭も例のよりも事の外に大きにてなむ有ける。此の島には、此れを食物として過る也とぞ云ける。其の後、風直りにければ、船を出して本国に返にけり。

然れば、「鬼には非ざりけり。神などにや有らむ」とぞ疑ける。此る奇異(あさまし)き事なむ有ける。彼の船の者共の、佐渡の国に返て語ければ、聞人も極く恐けり。

其の島は他国には非ざりけるにや。此の国の言にてぞ有ける。只、人の大きに器量(いかめし)く、有様の似ざりける也。此の事は糸(い)と近き事也。佐渡の国に此る事なむ有けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-16.txt · 最終更新: 2015/04/19 15:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa