Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第12話 鎮西人至度羅島語 第十二

今昔、鎮西□□の国□□の郡に住ける人、商の為に、数の人一つ船に乗て、知らぬ世界に行て、本国に返けるに、鎮西の未申の方に当て、遥の息(おき)に大きなる島有けり。人住たる気色有ければ、船の者共、此の島を見て、「此に此る島こそ有けれ。此の島に下て、食物などの事をもせむ」と思て、漕寄せて、其の島に皆下ぬ。或は、島の体を見廻し、或は、箸の□□伐らむとて、散々に行ぬ。

而る間、山の方より多の人の来る音して聞えければ、「怪く、此る知らぬ所には、鬼も有らむ。由無し」と思て、皆船に急ぎ乗て、差し去て、山の方より動(とよも)して出来る者を、「何者ぞ」と見遣て見れば、烏帽子折て結たる男共の、白き水干袴着たる、百余人許出来たり。船の者共、此れを見て、「早う、人也けり。此れは恐るべき事には非ざりけり。但し、此る知らぬ所なれば、此奴共に殺されもぞ為る。人の員、極て多かめり。近くは寄せじ」と思て、弥よ船を差去て見けるに、此奴共、海際に来て、船を差し去を見て、海に只下に下ける時に、船の者共、本より兵にて弓箭・兵仗を各具したりければ、手毎に弓箭を取て箭を番て、「何者共の此く追ては来るぞ。近く寄来ば射てむ」と云ければ、此奴共、皆身の衛(まもり)も為ず、弓箭も持たざりけり。船の者共は、多くの人手毎に弓箭を取て有ければにや、物も云はずして打見遣(おこ)せて、暫許有て、皆山様へ返入にけり。

其の時に、船の者共、「此は何かに思て、此奴共追ひ来る」とも知らざりければ、恐れを成して遥に差去にけり。

然て、鎮西に返りて後、此の事を普く人に語ければ、其の中に年老たりける者、此れを聞て云く、「其れは度羅の島と云ふ所にこそ有なれ。其の島の人は、人の形ちにては有れども、人を食と為る所也。然れば、案内知らずして、人其の島に行ぬれば、然集り来て人を捕へて、只殺して食するとこそ聞侍りしか。其達(そこたち)の心賢くて、近く寄せで逃たるにこそ有なれ。近く寄なましかば、百千の弓箭有りとも、取付なむには叶はずして、皆殺されなまし」と。船に有し者共、此れを聞て、奇異(あさまし)く思てなむ、弥よ恐れける。

此れに依て、人の中にも弊(いやし)き者の、人に似ず弊き物など食ふ者をば、度羅人とは云ふ也けり。只、□□思ふに、此く聞て後ぞ度羅人と云ふ事をば知ける。此の事は、鎮西の人、京の上たりけるが語けるを聞継て、此く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku31-12.txt · 最終更新: 2015/04/17 21:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa