Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻31第10話 尾張国匂経方妻事夢見語 第十

今昔、尾張の国に匂の経方と云ふ者有き。字をば匂官首とぞ云ける。事など叶たる者にてなむ有ける。

其の経方が年来棲ける妻の上に、亦思ふ女の其の国に有けるを、本の妻、女の事とは云ひ乍ら、強に云けれども、経方の女の去難く思けるにや、此(と)様彼(かう)様に構へつつ、忍びて行通1)けるを、本の妻、強に尋て、「経方、彼の女の許に行ぬ」と聞付つれば、色形ち失せ、肝心も迷はして、妬み狂けり。

而る間、経方、京に上るべき要事有て、日来出立けるに、既に旦(あした)上らむずる夜、「彼の女の許に構て行ばや」と切(ねんごろ)に思けるを、此の本の妻の痛く妬むが六借(むづかし)く思えて、□□に打任せて、現はに否(え)行かずして、「国府に召す」と云ひ成て、経方、彼の女の許に行にけり。

経方、女と物語などして臥たりける程ど寝入にけり。然て、経方、夢に見る様、本の妻、忽に此に走入て、「あら、己は年来許此て二人臥たりけるを、此ては何で口浄くは云けるぞ」など、様々艶(えなら)ぬ事共を云ひ次けて、取懸りて、二人臥たる中に入て、引妨げ騒ぐと見て、夢覚ぬ。

其の後、怖しく気六借く思へて、怱ぎ出でて、家に返り行ぬ。夜明て、経方、京へ上ぬる事共など、拈(したた)め居たるに、「今夜、御館に事の沙汰共有て、とみに否罷出ずして寝ざりつれば、苦事限無し」と云て、本の妻の傍に居たり。本の妻、「物疾く参れ」など云ふ、頂の髪を見れば、一度に散(さ)と起上り、一度に散と臥す。経方、「怪しく怖し気に為る物かな」と見居たる程に、妻の云く、「己2)、をのれは強顔(つれな)き者かなと、今夜、正しく女の彼の許に行て、二人臥して愛しつる顔よ」と云へば、経方、「誰か此る事は云ぞ」と問へば、妻、「いで悪3)や、我が夢に慥に見つるぞかし」と云へば、経方、「怪」と思て、「何に見るぞ」と問へば、妻、「夜前、出て行にしに、『必ず其こへぞ行らむ』と思ひしに合せて、今夜の夢に、彼(あ)の女の許に我が行たりつれば、其の女と二人臥して、万を語ひつるを吉く聞て『あら、己は来ずと云へども、此て二人臥たりけるは』と云て引妨たりつれば、女も己も起騒てこそは有つれ」と云ふを聞くに、経方、奇異(あさまし)くて、「然は、何事か云つる」と問へば、妻、経方が彼(かしこ)にて云つる事を、一言も落さずつらつらと云ふに、経方が夢に見つる事に露違はねば、経方、怖しとも愚也や。□□てなむ有ける。然れども、我が夢をば語らで、後に人に会てなむ、「然々の奇異き事こそ有しか」と語ける。

然れば、心に強に思ふ事は、必ず此く見ゆる也けり。此れを思ふに、其の本の妻、何かに罪深かりけむ。嫉妬は罪深き事也。「必ず蛇に成にけむかし」とぞ、人云けるとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本「通」空白
2)
底本頭注「己字一本ナシ」
3)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku31-10.txt · 最終更新: 2015/04/12 22:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa