Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第8話 大納言娘被取内舎人語 第八

今昔、□□天皇の御代に、大納言□□の□□と云ふ人有けり。子共数(あまた)有ける中に、形ち美麗に有様微妙き女子、一人有けり。父の大納言、此れを愛し悲て、片時傍を放たずして養ひ傅て、天皇に奉らむとしけるに、其の家に、侍にて仕はれける内舎人□□の□□と云ふ者有けり。

事の縁有て、其の家の入立にて近く仕はれける程に、自然ら髴(ほのか)に此の姫君を見てけり。形ち・有様・気はひの世に似ず厳(いつくし)かりけるを見て、此の男、忽に愛欲の心深く発て、思ひ寄るべくも非ぬ事なれども、其の後は万の事思えずして、夜る昼只此の姫君の有様のみ心に懸りて、見ま欲く堪難く思えける程に、畢には病に成て、物なども敢て食はずして、死ぬべき程に成にければ、返々す思ひ繚(わづらひ)て、其の姫君の御方に有ける女に会て、「極たる大事にて、『殿に申すべき事候を、姫御前に申さむ』と思給ふるを、其の事申し給へ」と云ければ、女、「何事を申さむ」と云ければ、男、「此の事を極たる密事(みそかごと)にて、人伝てには否(え)申すまじき事にてなむ有るを、己れ年来此の殿に仕て、内外無き身也。忝くも、端に立出させ給ひたらば、人伝ならで細かに申さむと□む1)思給ふる」と云ければ、女、其の由を聞て、姫君に「此くなむ申す」と、忍びやかに語ければ、姫君、「何事にか有らむ。実に其の男は親く仕はるる者なれば、憚るべきにも非ず。自ら聞かむ」と□□云ければ、女、此の由を告れば、□□喜き物から心騒ぎて、心に思ける様は、「今は生て世に有るべくも思えざりければ、同死を、此の姫君を取て、本意を遂て後に、身をも投て死なむ」と思ひ得て、此も云ふ也けり。

然は、男、世に有らむ事、残り少く思えて、万づ心細く哀れに思えけれども、此の心思止め難くて、彼の女に会て、「彼(あ)の事何かに。尚急ぎ申すべき事にてなむ有る」と責ければ、女、此の由を姫君に申しければ、姫君、何心も無く端に出て、妻戸の有る簾の内に立て聞かむと為る。

夜なれば、人も無し。男、延(えん)の際に近く寄て、打出し申すべき事も無ければ、暫く居たるに、「奇異(あさまし)き態をもしてむずるかな。今は我が身は限り也けり」と思ひ煩ひけれども、只此の思ひの燋焼(いりや)くが如くに思えければ、「然はれ、死なむ」と思て、立走て簾の内に飛入て、姫君を掻抱て、飛ぶが如くにして、其の家を出て遥に去て、人も無かりける所に将行にける。

其の家には、「姫君失給ひにたり」と喤合て、大納言より始めて一家の上中下の人、騒迷ける事限無し。然れども、尋ぬべき方無ければ、甲斐無くて止にけり。其れに、此の内舎人、其の夜より跡を暗くして見えざりければ、此の内舎人が取つるとは思はで、「止事無き人などに語らわれもしたる事にか」とぞ、疑ひ合へり。亦、彼の申継ける女も、現に内舎人が抱て逃にしをば見しかども、恐て然も否云はで、然に疑てぞ止にける。

然て、彼の内舎人は、「此の事聞えなば、我が身も徒に成なむ」と思ければ、「京にも否有らじ。只、遥ならむ方に行て、野の中にも山の中にも此の姫君を具して有らむ」と思ひ得て、此の姫君を馬に乗せて、我れも馬に乗て、調度掻負て、陸奥国の方へ行けるに、只親く仕ける従者二人ぞ付て行ける。

夜る昼とも無く行て、陸奥国の安積の郡、安積と云ふ山の中に行着て、「此は□□にて、人来じ」と思て、其の所に木を伐て庵を造て、此の姫君を居へて、内舎人は此の従者共を具して里に出つつ、食(くひもの)を求てぞ食せける。

然て、年月を経けるに、夫、里に出たる程は、女は只独りぞ居たりける。而る間、女、懐妊しにけり。男、食を求むが為に里に出にけるに、四五日来ざりければ、女、待侘て心細く思えけるままに、庵を出立て見行(みあるき)けるに、山の北に穴井の有けるを見て、我が影の水に移たりけるを見けるに、鏡見る世も無かりければ、顔の成にける様も知らで、水に移たるを見れば、糸怖し気也けるを、「極て恥かし」と思て、此なむ独言に云ける。

  あさか山かげさへみゆる山の井のあさくは人をおもふものかは

と云て、此れを木に書付て、庵に返り行て、我が家に有し時、父母より始めて万の人に傅かれて微妙かりし事共を思ひ出して、心細き事限無く、「何なる前の世の報にて此るらむ」と思けるに、否や堪へざりけむ。やがて思ひ死(しに)に死にけり。

其の後、男、食物など求て、従者に持せて持来て見ければ、死て臥せりければ、糸哀れに奇異と思けるに、山の井に、木に書付られたりける歌を見て、弥恋ひ悲むで、庵に返て、死たる妻の傍に副ひ臥して、思ひ死に死にけり。

此の事は、従者の語り伝へたるにや。世の旧事になむ云ぬる。然れば、「女は従者也とも、男には心を許すまじき也」となむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「□ムハ、ナムトアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku30-8.txt · 最終更新: 2015/04/01 18:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa