Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第5話 身貧男去妻成摂津守妻語 第五

今昔、京に極て身貧き生者有けり。

相知たる人も無く、父母親類も無くて、行宿る所も無かりければ、人の許に寄て仕はれけれども、其れも聊なる思(おぼえ)も無かりければ、「若し、宜き所にも有る」と、所々に寄けれども、只同様にのみ有ければ、宮仕へも否(え)為で、為べき様も無くて有けるに、其の妻、若くして、形ち・有様宜くて、心風流(みやびやか)也ければ、此の貧き夫に随て有ける程に、夫、万に思ひ煩て、妻に語ひける様、「世に有らむ限は、此て諸共にこそは思つるに、日に副ては貧さのみ増(まさ)るは、若し共に有が悪きかと。各々試むと思ふを何に」と云ければ、妻、「我れは更に然も思はず。只前の世の報なれば、『互に餓死なむ事を期すべし』と思つれども、其れに此く云ふ甲斐無くのみ有れば、実に共に有るが悪きかと、別れても試よかし」と云ければ、男、「現に」と思て、互に云ひ契て、泣々く別れにけり。

其の後、妻は、年も若く形ち・有様も宜かりければ、□□の□□と云ける人の許に寄て仕はれける程に、女の心極て、風流也ければ、哀れに思て仕ける程に、其の人の妻、失にければ、此の女を親く呼び仕ける程に、傍に臥せなどして思悪1)からず思えければ、然様にて過ける程に、後は偏に此の女を妻として有ければ、万を任せてのみぞ過ける。

而る間、摂津の守に成にけり。女、弥よ微妙き有様にてなむ、年来過けるに、本の夫は、「妻を離れて試む」と思けるに、其の後は弥よ身弊(つたな)くのみ成り増て、遂に京にも否居らで、摂津の国の辺に迷ひ行て、偏に田夫に成て、人に仕はれけれども、□□に下衆の為る、田作り・畠作り・木など伐(こり)など様の事をも、習はぬ心地なれば、否為で有けるに、仕ける者、此の男を難波の浦に葦を苅に遣たりければ、行て葦を苅けるに、彼の摂津の守、其の妻を具して摂津の国に下けるに、難波辺に車を留めて逍遥せさせて、多く郎等・眷属と共に物食ひ酒呑などして遊び戯けるに、其の守の北の方は車にして、女房などと共に、難波の浦の可咲くおもしろ2)き事など見興じけるに、其の浦に葦苅る下衆ども多かりけり。

其の中に、下衆なれども、故有て哀れに見ゆる男一人有り。守の北の方、此れを見て、吉く護れば、「怪く、我が昔の夫に似たる者かな」と思ふに、「僻目か」□3)思て、強に見れば、正しく其れ也と見る。

奇異(あさまし)き姿にて、葦を苅立てるを、「尚心踈(けうと)くても有ける者かな。何なる前の世の報にて此るらむ」と思ふにも、涙泛(こぼる)れども、然る気無くて人呼て、「彼の葦苅る下衆の中に、然々有る男召せ」と云ければ、使、走り行て、「彼の男、御車に召す」と云ければ、男、思ひも懸ねば、奇異くて仰(あふの)き立てるを、使、「疾く参れ」と音を高くして恐せば、葦を苅り棄て、鎌を腰に差して、車の前に参たり。

北の方、近くて吉く見れば、現に其れ也。土に穢て夕黒なる、袖も無き麻布の帷の、膕(よぼろ)本なるを着たり。帽子の様なる烏帽子を被て、顔にも手足にも土付て、穢気なる事限無し。膕脛には、蛭と云ふ物食付て、血肉(ちみどろ)也。北の方、此れを見るに、心踈く思えて、人を以て物食はせ、酒など呑すれば、車に指向て糸吉く食居る顔、糸心踈し。

然て、車に有る女房に、「彼の葦苅る下衆共の中に、此れが故有て哀れ気に見えつるに、糸惜ければ也」とて、衣を一つ、車の内より、「此れ、彼(あ)の男に給へ」とて、取するに、紙の端に此く書て、衣に具して給ふ。

  あしからじとおもひてこそはわかれしかなどかなにはのうらにしもすむ

と。

男、衣を給はりて、思ひ懸ぬ事なれば、「奇異」と思て見れば、紙の端に書かれたる物(も)の有り。此れを取て見るに、此く書かれたれば、男、「早う、此れは我が昔の妻也けり」と思ふに、「我が宿世、糸悲く恥かし」と思えて、「御硯を給はらむ」と云ければ、硯を給ひたれば、此く書てなむ奉たりける。

  きみなくてあしかりけりとおもふにはいとどなにはのうらぞすみうき

と。北の方、此れを見て、弥よ哀れに悲く思けり。

然て、男は葦苅らずして、走り隠れにけり。其の後、北の方、此の事を此彼(とかく)人に語る事無くて止にけり。

然れば、皆前の世の報にて有る事を知らずして、愚に身を恨る也。此れは、其の北の方の、年など老て後に語けるにや。其れを聞継て、世の末まで此く語り伝へたるとや。

1)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
2)
底本言偏に慈
3)
底本頭注「僻目ノ下ト字アルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku30-5.txt · 最終更新: 2015/03/30 03:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa