Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第14話 人妻化成弓後成鳥飛失語 第十四

今昔、□□の国□□の郡に住ける男有けり。其の妻、形ち美麗にして有様微妙かりければ、夫、去難く思て棲ける程に、妻夫、寝たりける間に、男の夢に見る様、此の我が愛し思ふ妻、我れに云く、「我れ汝と相棲と云へども、我れ忽に遥なる所に行なむとす。汝を今は見るべからず。但し、我が形見をば留置かむ。其れを我が替に哀れむべき也」と云ふと見る程に、夢覚ぬ。

男、驚き騒て見るに、妻無し。起て、近き辺に此れを求むるに、無ければ、「奇異(あさまし)」と思ふ程に、本は無かりつるに、枕上に弓一張立たり。此れを見るに、「夢に形見と云つるは、此れを云けるにや」と疑ひ思て、「妻、若し尚や来る」と待てども、遂に見えずして、夫、恋ひ悲ぶと云へども甲斐無し。「此れは若し、鬼神なむどの変化したりけるにや」と、怖しく思ひけり。「然りとて、今は何がはせむと為る」と思て、其の弓を傍に近く立て、明け暮れ妻の恋しきままには手に取り掻巾(かいのご)ひなどして、身を放つ事無かりけり。

然て、月来経る程に、其の弓、前に立たるが、俄に白き鳥と成て、飛び出て、遥に南を指て行く。男、「奇異」と思て出て見るに、雲に付て行くを、男、尋ね行て見れば、紀伊の国に至ぬ。其の鳥、亦人と成にけり。男、「然ればこそ、只物には非ざりけり」と思て、其よりぞ返にけりる。

然て、男、和歌を読て云く、

  あさもよひきのかはゆすりゆくみづのいつさやむさやいるさやむさや

と。

此の歌、近来の和歌には似ずかし。「あさもよひ」とは、朝(つと)めて物食ふ時を云ふ也。「いつさやむさや」とは、狩する野を云ふ也。此の歌は、聞く1)何とも心得まじければなむ。

亦、此の語(ものがた)り、奥恋(ゆかし)く現にとも思えぬ事なれども、旧き記(ふみ)に書たる事なれば、此なむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「聞クノ下ニ字ヲ脱セルカ」
text/k_konjaku/k_konjaku30-14.txt · 最終更新: 2015/04/06 19:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa