Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第13話 夫死女人後不嫁他夫語 第十三

今昔、□□の国□□の郡に住ける人、祖(おや)有て、娘に夫を合せたりけるに、其の夫、失にければ、祖、亦他の夫を合せむと為るに、娘、此れを聞て、母に云く、「我れ、男に具して有るべき宿世有らましかば、前の男こそ死なずして、相具して有らましか。男に具まじき報の有ればこそ、彼れも死たらめ。譬ひ夫を儲たりとも、身の報ならば、亦も死なむ。然れば、此の事止めらるるべし」と。

母、此れを聞き、大きに驚て、父に此の由を語ければ、父の云く、「我れ、年既に老ひたり。事近きに有り。汝ぢ、其の後は何にしてか世には有らむと為る」とて、尚合せむと為る1)。娘、父母に云く、「然らば、此の家に巣を作て子を産める燕有り。雄燕を相具せり。其の雄燕を取て殺て、雌燕に注(しる)しを付て放ち給へ。然て、明けむ年、其の雌燕、他の雄燕を具して来たらむ時に、其れを見て、我れに夫をば合せ給へ。畜生そら夫を失ひつれば、他の夫を儲くる事無し。況や、人は畜生よりも心有るべし」と。父母、「現に然も有る事」とて、其の家に巣を咋(くひ)て子を産たる燕を取て、雄燕を殺して、雌燕には頸に赤き糸を付て放つ。

然て、明る年の春、燕を待つに、其の雌燕、他の雄燕を具さずして、頸に糸は付乍ら来れり。巣を咋て子を産む事無くして、飛び去ぬ。父母、此れを見て、「実に然る事也けり」と云て、「娘に夫合せむ」の心無くて、止にけり。

然て、娘、此なむ云ける、

  かぞいろはあはれとみるらむつばめそらふたりは人にちぎらぬものを

とぞ云ける。

此れを思ふに、昔の女の心は此くなむ有ける。近来の女の心には似ざりけるにこそ。燕めも亦、他の雄無ければ子は産まねども、家に来りけむこそ哀れなれとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「為ルノ下ニ字ヲ脱セルカ」
text/k_konjaku/k_konjaku30-13.txt · 最終更新: 2015/04/06 17:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa