Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第12話 住丹波国者妻読和歌語 第十二

今昔、丹波の国□□の郡に住む者あり。田舎人なれども、心に情有る者也けり。其れが妻を二人持て、家を並べてなむ住ける。

本の妻は其の国の人にてなむ有ける。其れをば静(のどか)に思ひ、今の妻は京より迎へたる者にてなむ有ける。其れをば、思ひ増(まさり)たる様也ければ、本の妻、「心踈(う)し」思てぞ過ける。

而る間、秋、北方に山郷にて有ければ、後の山の方に、糸哀れ気なる音にて鹿の鳴ければ、男、今の妻の家に居たりける時にて、妻に、「此は何が聞給ふか」と云ければ、今の妻、「煎物(いりもの)にても甘し、焼物にても美(うま)き奴ぞかし」と云ければ、男、心に違ひて、「京の者なれば、此様の事をば興ずらむ」とこそ思けるに、「少し心月(づき)無し」と思て、只本の妻の家に行て、男、「此の鳴つる鹿の音は聞給ひつや」と云ければ、本の妻、此なむ云ける、

  われもしかなきてぞきみにこひられしいまこそこゑをよそにのみきけ

と。

男、此れを聞て、極じく哀れと思て、今の妻の云つる事、思ひ合はされて、今の妻の志、失にければ、京に送てけり。然て、本の妻となむ棲ける。

思に、田舎人なれども、男も女の心を思ひ知て、此なむ有ける。亦、女も心ばへ可咲かりければ、此なむ和歌をも読けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku30-12.txt · 最終更新: 2015/04/06 16:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa