Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻30第10話 住下野国去妻後返棲語 第十

今昔、下野の国□□の郡に住む者有けり。

年来、夫妻相共に棲渡ける程に、何なる事か有けむ、夫、其の妻を去て、異妻を儲てければ、夫、心替り畢て、其の本の妻の許に有ける物共を、何にも彼も残さず、今の妻の許へ計(かぞ)へ運び持行けるを、本の妻、「糸心踈(う)し」と思けれども、只男の為るに任て見けるに、塵許の物も残さず、皆持行畢ぬ。只纔に残たる物は、馬船一つぞ有ける。

其れを、此の夫の従者にて、馬飼にて仕ける童有けり。名をば真梶丸とぞ云ける。其れを使にて、取に遣(おこせ)たりければ、本の妻、此の童を見て云ける様、「今は世に来じな」と。童云く、「何でか参候はざらむ。心浅くも仰せらるるかな」とて、馬船持行かむと為るに、本の妻、「己が『主に申さむ』と思ふ事の有るをば申てむや」と云ければ、童、「糸吉く申し候ひなむ」と云ければ、本の妻、「文を奉らむをば、更に世も見給はじ。只事に此く申せ」とて、

  ふねこじまかじもこじなけふよりはうき世のなかをいかでわたらむ

と。

童、此れを聞て、返り行て、主に、「此なむ仰せられつるは」と。男、此れを聞て、「哀れ也」とや思ひけむ、運び取たりける物共を、皆運び返して、本の妻の本に返行き、本の如(ごと)白地目(あからめ)も為で棲ける。

然れば、情有る心有る者、此なむ有けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku30-10.txt · 最終更新: 2015/04/06 00:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa