Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第6話 舎利弗慢阿難語 第六

今昔、天竺に仏1)の御弟子達多く在ます中に、舎利弗は智恵第一の人也。阿難は有学の人にて、智恵浅し。然れば、舎利弗、常に阿難を慢(あまづ)り給ふ。

阿難の思はく、「我れ、何で舎利弗に勝む」と思て、仍(まさ)に風を病て、臥給へり。枕の辺に粥を盛て置たり。舎利弗、此れを訪はむが為に、阿難の所に来り給たるに、白衣にして法服を着ず。其の時に、阿難、此の粥を未だ用ゐずして、舎利弗に与へ奉れり。舎利弗、其の粥を食し給ひつ。其の時に、阿難、筵の下より、草一本を取出して、舎利弗に授て云く、「此れ速に大師の御許に持参り給へ」と。

舎利弗、此の草を取て、阿難の教の如く、仏の御許へ参り給ふ間に、途中にして、我が手足の爪を見るに、皆牛の爪に成にけり。

然れば、舎利弗、驚き怪で、仏の御許に急ぎ参て、此の事を問奉る。仏の宣はく、「汝が身は、此れ既に牛也。持来れる草は、亦汝が食也。但し、此の事は我れ知らず。速に阿難の所に還り至て、問ふべき也」と。

舎利弗、仏の此の如き宣ふに、弥よ聞き驚て、阿難の所に走り還て、此の由を阿難に告ぐ。阿難の云く、「汝ぢ当に知るべし。袈裟を着ず、呪願を為さずして、人の施を受くる比丘は、此れ畜生の報を得る也。其れに、慚無きが如くに、我が施を受け給ひつ。然れば、此の故に、此の報を感ずる也」と。

其の時に、舎利弗、心を至して能く懺悔して、此の報を転じつれば、爪も直り本の如く也。

此れを以て思ふに、「比丘は必ず袈裟を来て人の施をば受くべき也」と。亦、「人の施を受てば、必ず呪願すべき也」。されば、末代の比丘等、此の事を聞き、必ず袈裟を着して、人の施を受くべし。亦、尤も呪願すべき也となむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-6.txt · 最終更新: 2016/06/23 22:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa