Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第5話 舎利弗目連競神通語 第五

今昔、仏1)、祇薗精舎に在ます時に、多の御弟子達集り給に、舎利弗、未だ来給はず。其の時に、目連に告て宣はく、「汝、速に舎利弗の所に行て、呼て将来べし」と。

目連、仏の教に随て、舎利弗の所に行て、仏の御言を告るに、舎利弗、衣を補て居給へり。帯を解て地に置けり。

舎利弗、目連に告て云く、「汝は神通第一の人也。我が此の地に置ける帯を取り動かすべし」と。然れば、目連、神通を励して、此の帯を挙むと為るに、塵許も動かず。須弥は振ひ、大地は動けども、終に此の帯動かずして止ぬ。

亦、舎利弗、目連に云く、「汝は速に前に参るべし。我は後に至らむ」と。此れに依て、目連、仏の御許に返り参たるに、舎利弗、威儀を斁(やぶ)らずして、仏の御前に候ひ給ふ。目連、「希有也」と見て、止給ぬ。

此れを以て、目連知ぬ、「我れ神通第一也と云ども、舎利弗は増(まさ)れり」と。然れば、舎利弗は智恵・神通共に第一の人也けり。

「仏の御弟子達も、此の如きの挑事をし給ふ也けり。増して、末代の僧の智恵験(ちゑくらべ)を挑まむは尤裁(ことは)り也かしとなむ、語り伝へたる」とや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-5.txt · 最終更新: 2016/06/23 22:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa