Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第4話 舎利弗攀縁暫籠居語 第四

今昔、天竺に仏1)の御弟子達、所々の安居畢て、仏の御前に集り給ふ時、舎利弗・羅睺羅、御前に来て、左右に在ます。

仏、羅睺羅に問て宣はく、「我が弟子の中に、誰人を以て上座とは為ぞ」と。羅睺羅、答へて云く、「舎利弗を以て上座と為る也」と。

其の時に、仏、此の二人を見給ふに、舎利弗は肥白くして宿徳也。羅睺羅は痩黒くして骨を現ぜり。仏、此れを見て宣はく、「何の故有て、我が弟子の中、舎利弗は肥たるぞ」と。羅睺羅、答て云く、「舎利弗は智恵朗にして、国の内に貴も賤も此の人を師と為り。然れば、味ひ勝たる珍物を運ぶ。此の故に肥たる也。羅睺羅は然らず。此れに依て痩たる也」と。

仏の宣はく、「我が法の中には、蘇油の食を許さず。何ぞ、舎利弗、肥たるぞや」と。舎利弗、此れを聞て、攀縁を発して発して隠れ居ぬ。

其の後、国王・大臣・長者、舎利弗の所に詣て、送くると云へども、敢て受けず。其の時に、国王・大臣・長者・諸官等、悉く挙て、仏の御許に詣て、白して言さく、「舎利弗を召て、『我等が請を受よ』と教へ給べし。其の故何となれば、大師は人の請を受給はず。舎利弗、亦、人の請を受給はずば、誰を以てか師として、仏事を勤めむ」と。

仏、此の衆に告て宣はく、「舎利弗は前世に毒蛇と有りき。此れに依て、前世の心深かりし習の故に、今、我が云ふ事を聞て怨を成す也」と宣ふて、即ち舎利弗を召て宣はく、「汝、速に人の請を受て、仏法の為に師と成れ」と。

時に舎利弗、仏の教に随て、国の内の諸の人の請を受て、仏事を勤めける事、本の如く也けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-4.txt · 最終更新: 2016/06/22 22:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa