Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第32話 仏涅槃後迦葉来語 第(卅二)

1)今昔、仏2)の涅槃し給へる事を聞て、摩訶迦葉、狼跡山より出でて来る道に、一の尼乾子遇たり。手に文陀羅花を取れり。迦葉、尼乾子に問て云く、「汝ぢ、我が師の事を聞くや否や」と。尼乾子、答て云く、「汝が師は、涅槃に入給て、既に七日を経たり」と。迦葉、此の事を聞て、泣き悲む事限無し。亦、相ひ具せる所の五百の比丘も、同く此れを聞て、皆叫び悲む。

迦葉、拘尸那城を指して行き給ふに、尼連禅河を渡て、天冠寺に至て、阿難の所に行て、阿難に語て云く、「我れ、仏を未だ葬し奉らざるを、今一度見奉らむと思ふ」と。阿難、答て云く、「未だ奏し奉らずと云へども、仏の遺言に依て、五百の張畳を以て身に纏ひ奉て、金の棺に隠し奉て、鉄棺の中に置き奉れり。更に見奉るべき事難し」と。迦葉、此の如く、三度び「見奉らむ」と乞ふと云へども、阿難、前の如く答て許さず。

其の時に、迦葉、棺の所に向ふに、金の棺の中より、仏の二の御足を指出給へり。迦葉、此れを見奉るに、御足の金色には無くて、異なる色也。迦葉、此れを満て、奇(あやし)むで、阿難に問て云く、「仏の御身は金色也。此れ、何の故にか異色なる」と。阿難、答て云く、「一の老母有て、仏の涅槃に入給ふを見て、無き悲むで、涙を其の上に落す。此の故に、仏の御身、異色なる也」と。

其の時に、迦葉、棺に向て、泣々く礼拝す。亦、四部の衆・天人、共に礼し奉る。其の後、仏の御足、忽に見えず成にけり。

然れば、迦葉、仏の専の弟子に在すと云へども、仏の滅度に値給はざる人也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本、標題に頭注「一本仏入涅槃後迦葉来給語ニ作ル」
2)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-32.txt · 最終更新: 2016/07/18 18:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa