Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第30話 仏入涅槃給時遇羅睺羅語 第(三十)

今昔、仏1)、涅槃に入給はむと為る時に、羅睺羅の思はく、「我れ、仏の涅槃に入給はむを見む程に、悲びの心、更に堪ふべからず。然れば、我れ、他の世界に行て、かかる悲びを見じ」と思て、上方の恒河沙の世界を過て、仏の世界有り。其の国に至て有る程に、其の国の仏、羅睺羅を見給て、告て宣はく、「汝が父、釈迦牟尼仏、既に涅槃に入給ひなむとす。何でか、汝ぢ、其の時に遇ひ奉らずして、此の世界に至れるぞ」と。羅睺羅、答て云く、「我れ、仏の涅槃に入給はむを見むに、悲びの心堪難かりぬべければ、『其れを見じ』と思て、此の世界に参り来れる也」と。仏の宣はく、「汝ぢ、極て愚也。汝が父、釈迦牟尼仏、既に涅槃に入給ひなむと為る時に臨て、汝を待ち給ふ也。速に帰り参て、最後の尅、専に見奉るべき也」と。

羅睺羅、仏の教へに随て、泣々く還り参ぬ。釈迦仏の、御弟子の比丘等に、「羅睺羅は来りたりや」と問ひ給ふ程に、羅睺羅参り給へり。御弟子の比丘等、羅睺羅に云く、「仏、既に涅槃に入給ひなむと為るに、羅睺羅、忽に見給はねば、其れを待ち給へる也。速に、御傍に疾く参り給へ」と勧ければ、羅睺羅、泣々く参り寄たるに、仏、羅睺羅を見給て宣はく、「我れは只今滅度を取るべし。永く此の界を隔ててむとす。汝ぢ、我れを見む事、只今也。近く来れ」と宣へば、羅睺羅、涙に溺れて参りたるに、仏、羅睺羅の手を捕へ給て宣はく、「此の羅睺羅は、此れ我が子也。十方の仏、此れを哀愍し給へ」と契り給て、滅度し給ひぬ。此れ、最後の言也。

然れば、此れを以て思ふに、清浄の身に在ます仏そら、父子の間は他の御弟子には異也。何況や、五濁悪世の衆生の、子の思ひに迷はむは理也かし。仏も其れを表し給ふにこそはとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-30.txt · 最終更新: 2016/07/18 13:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa