Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第3話 目連為聞仏御音行他世界語 第三

今昔、仏1)の御弟子、目連尊者は神通第一の御弟子也。

諸の御弟子の比丘等に語て云く、「我等、仏の御音を所々にして聞くに、常に同して、只側にして聞が如し。然れば、我れ、神通の力を以て、遥遠(とほ)く行て、仏の音の高く下なるを聞むと思ふ」と云て、三千大千世界を飛過て、其より西方に、又、無量・無辺・不可思議・那由多・恒河沙の国土を過行て聞くに、仏の御音、猶同くして、只側にして聞つるが如し。

其の時に、目連、飛び弱て落ぬ。其の所、仏の世界也2)。仏の弟子の比丘有て、座に居て、施を受る時、目連、其の鉢の縁に飛び居て、暫く息む程に、仏弟子の比丘等、目連を見て云く、「此の鉢の縁に沙門に似たる虫居たり。何なる衣の虫の落来たるぞ」と云て、集会して此れを興ず。

其の時に、其の世界の能化の仏、此れを見て、御弟子の比丘等に告て宣はく、「汝ぢ等、愚痴なるが故に知らざる也。此の鉢の縁に居たるは、虫しには非ず。此より東方に、無量無辺の仏土を過て世界有り。娑婆世界と云ふ。其の国に、仏、出給へり。釈迦牟尼仏と号す。其の仏の、神通第一の弟子也。名をば目連と云ふ。師釈迦如来の音を聞くに、遠く近しと云へども、音同くして、高下無し。此れを疑て、遥に無量無辺の世界を過て、此の土に来る也」と説き給けり。御弟子等、此れを聞て、各歓喜す。

目連、此れを聞て、歓喜して、本土に返ぬ。仏の御音の不思議なる事を、弥よ信仰して、頂礼ひ奉りけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
『大宝積経』等によると光明王仏の光明幡世界。
text/k_konjaku/k_konjaku3-3.txt · 最終更新: 2016/06/22 21:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa