Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第28話 仏入涅槃告衆会給語 第(廿八)

今昔、釈迦如来、四十余年の間、天上・人中にして、一切衆生の為に、種々の法を説て、教化し給て、年既に八十に至り給て、毘舎離国にして、阿難に告て宣はく、「我れ、今、身体皆痛し。今三月有て、涅槃に入るべき也」と。阿難、仏に白して言さく、「仏は既に一切の病を遁れ給へり。何の故に、今痛み給へるぞ」と。

其の時に、仏、起き給て、大に光を放て、世界を照し給ふ。結跏趺坐し給へり。此の光に値へる諸の衆生、皆苦を免れ、楽を受く。

其の後、毗舎離国より拘尸那城に至り給て、沙羅林の双樹の間に、師子の床に臥し給ひぬ。阿難に告て宣はく、「汝ぢ、当に知べし。我れ、今、涅槃に入(いらん)とす。盛なる者は、必ず衰ふ。生ずる者は、定めて死1)する事也。亦、文殊に告て宣はく、「我が背を痛む2)事は、今、大衆の為に説かむ。二の因縁有て、病は無也。一には、一切衆生を哀び、二には、病ぬる人に薬を施す也。而るに、昔し、無量劫の中に、菩薩の道を修して、常に衆生を利益して、苦悩せざりき。病ひ有る者には、種々の薬を施しき。何に依てか、我れ、病ひ有るべき。但し、我れ、昔し、鹿の背を打たりしに依て、今、涅槃の時に臨て、其の果報を感ずる事を顕す也」と。

其の時に、迦葉菩薩、耆婆大臣を召て、仏の御病の相を問ひ給ふ。大臣、申して云く、「仏、当に涅槃し給ひなむとす。諸の薬を用ゐるべからず」と。迦葉菩薩、及び諸の大衆、大臣の言を聞て、歎き悲む事限無し。大臣も亦、同く悲み歎く事、愚かならず。

凡そ、人天・大衆、仏の涅槃し給ひなむと為るを見て、誰れかは歎かざるべきとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「死一本滅ニ作ル」
2)
底本頭注「痛一本病ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku3-28.txt · 最終更新: 2016/07/16 16:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa