Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第25話 后背王勅詣仏所語 第(廿五)

今昔、天竺に大王有り。五百人の后を具せり。大王、宣を下して云く、「宮の内の后、妙なる婇女等、仏の道に趣くべからず。若し、此の宣を背く輩有らば、刀兵を放て、其の身を殺べし」と。此れに依て、一人として仏の道に趣く者無して、数(あまた)の年を経たり。

然る程に、一人の最愛の后の思はく、「我れ、大王に寵愛せられて、仏法の名字を聞かず。今、世に娯楽恣ま也と云へども、後世に悪道に堕て、出る期無からむ。流るる水、海に入らざるは無し。生ぜる者は、必ず滅せざるは無し。我れ、五百人の中に、最愛の后なれども、死ては必ず無間に堕なむとす。死せむ事、利(と)し遅(おそし)の差別也と云へども、遁るべき事に非ず。かかれば、忽の殺害を顧みず。死ては土と成る身也。我れ、同くは仏の御許に参て、法を聞て死せむ」と思て、密に独り出て、仏1)の御許に詣ぬ。

先づ、御弟子に会て云く、「法を説き給へ。我れ、聞む」と。御弟子の云く、「『汝ぢ、王宮の人、皆仏の道に趣くべからざる宣有り』と聞く。教ふる事有りとも、汝が命は何ぞ」と。后の云く、「我れ、大王の勅を背て、法を聞むが為に、密に此れり。宮に還らば、即ち死なむ事、定て疑はず。然と雖も、生有る者は必ず滅す。盛なる者は、必ず衰ふ。国王の寵愛を蒙ると云へども、万歳を持(たも)たむに及ばじ。須臾の愛欲に着して、三途に還らむ事益無し。只、貴き法門を教しへ給へ」と。比丘、三帰の法門を説て教へつ。后の云く、「仏の所説は、若し又や有る」と。比丘、又十二因縁の法・四諦の法門を説て聞かしめつ。

后の云く、「我れ、師に会(あひ)奉て、見奉らむ事、只今許也。宮に還らむ、即ち死なむとす。三途の苦を離れて、浄刹の因を殖つ。願くは、此の善根を以て、後世に遂に仏と成て、一切衆生を利益せむ」と誓て、比丘を礼拝して還ぬ。

王宮に至て、密に帳を掻上て入る時に、国王、此れを見て、弓を張り儲て、自ら后を射る。其の矢、一は虚空に昇り、一は后を三度廻て落ぬ。一は返て猛火と成て焼く。其の時に、大王の云く、「汝は人には非ざりけり。若は天か、若は竜か、若は乾闥婆か」と。后、答て云く、「我れ、天竜に非ず。夜叉・乾闥婆にも非ず。只、仏の御許に詣でて、法を聞きつ。其の善根に依て、金剛蜜迹の我を済ひ給ふならむ」と。

其の時に、大王、弓箭を抛(なげす)て、宣旨を下して云く、「今より宮の内、及び国内の人民、仏法を信ずべし。若し、此れを背かむ輩をば、其の身を殺すべし」と此の如くなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku3-25.txt · 最終更新: 2016/07/09 14:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa